EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ServiceNow、Intellibot買収でAIやML強化へ

  2021/03/29 13:34

 米現地時間3月23日、ServiceNowは、インドのハイデラバードに拠点を置くロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)企業であるIntellibotを買収する契約を締結、2021年第2四半期にIntellibotの買収完了予定だと発表した。

 IntellibotがServiceNowの中核となるワークフローを拡張することで、反復的なタスクをインテリジェントに、エンドツーエンドで自動化することが可能になるという。ServiceNowは今後、Intellibotの機能をNow Platformにネイティブに組み込むことで、最新のシステムとレガシーシステムの両方をより簡単に統合し、生産性を向上させ、既存の人工知能(AI)や機械学習(ML)の取り組みを強化するとしている。

 ServiceNowのCreator Workflowシニアバイスプレジデント 製品担当 ジョシュ・カーン(Josh Kahn)氏は、「ServiceNowは、ワークフロー変革をもたらす『platform of platforms』として、ビジネス上の意思決定を合理化し、生産性を新たなレベルに引き上げる強力なエンドツーエンドの自動化機能を提供しています。Fortune 500社のうち80%以上の企業が当社のお客様であり、その多くの企業が、レガシーアプリケーションとモダンアプリケーションを組み合わせて自動化を進めようとしています。今後はIntellibotと共に、当社のシステム連携機能を拡張することで、お客様がワークフローを容易に自動化し、生産性を向上させることができるよう取り組んでいきます」と述べている。

インドにおけるフットプリントの拡大

 今回の買収は、ServiceNowにとって急速に成長している市場の一つであるインド市場に対し、幅広いコミットメントを裏付けるものだという。同社は2022年第1四半期までに、インドで2つの新しいデータセンターを開設する予定。これらの新しいデータセンターは、インド国内にデータを保存するという要件を満たし、ServiceNowの高可用性アーキテクチャの一部となって、クラウドサービスの拡張性を継続的にサポートしていくとしている。

 またインドには、ServiceNowにとって2番目に大きな研究開発センターがあり、人材供給拠点ともなっている。ServiceNowは、今後3年以内にインド国内の従業員を倍増させる予定だという。

【関連記事】
大林組、ServiceNowのITSMを活用してサポートデスク環境を刷新
ServiceNow Japan、最新バージョン「Quebec」を発表
ServiceNowジャパン村瀬社長が2021年方針発表、パートナーをさらに強化

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5