EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカとアプトポッド、資本業務提携によりAIデータプラットフォームで協業

  2021/04/05 12:34

 アプトポッドとマクニカは、資本業務提携に合意したことを発表した。また、マクニカのCVCであるマクニカ・インベストメント・パートナーズを引受先とする第三者割当を実施するとしている。

 両社は、自動検知に代表されるAIによる自動化への期待と需要が急激に高まっている中で、マクニカのAI技術、アプトポッドのIoT技術を組み合わせ、モビリティから取得するセンサーや動画像情報などの膨大なデータと目的別のAIを活用したエッジ・クラウドのハイブリッドデータプラットフォームの構築・提供を目指すという。

 マクニカが提供する「MMDP(MACNICA Mobility Data Platform)」にアプトポッドの提供するIoT基盤「intdash(イントダッシュ)」およびエッジコンピューティング環境「EDGEPLANT(エッジプラント)」を組み合わせることで、MMDPが持つデータ基盤、エッジコンピューティングを強化させ、垂直統合型のエッジ・クラウドのハイブリッドAI/IoT環境を実現するとしている。

MMDPの特長
  • リアルタイム性とデータの完全性を両立した高速データパイプライン
  • 高精度、高鮮度データ収集からAIモデル開発までのワンストップサービス
  • エッジ、クラウドでのハイブリッドなAI実行環境
MMDPにおけるソリューション全体像
MMDPにおけるソリューション全体像
[画像クリックで拡大]

MMDPのユースケース

 MMDPにより、モビリティ、産業機器からの鮮度の高い膨大なデータ収集をもとにしたAIの開発と実行を可能にし、様々なフィールドにおける多様なAIモデルの迅速な開発と実行環境を提供するという。

主な提供先
  • 自動車メーカー(自動運転車両、コネクテッドシステム開発向け)
  • 行政によるインフラ状態データ活用
  • 電気・ガス・水道等インフラ事業者
  • 建設・ゼネコン
  • 農業分野
  • 想定されるユースケース例
  • 車両データ(制御や動画像)による自動車関連ソフトウェア開発
  • 障害物や工事情報など、道路環境の把握
  • 老朽化する交通インフラの状態把握
  • 建設現場における安全保全
  • ハイテク農業における作物状態検知

【関連記事】
マクニカネットワークス、Splunk Enterpriseを活用した一貫的なセキュリティ支援へ
マクニカが脳科学とAIを融合する「BrainTech」事業開始、 インナーアイの製品を提供
マクニカネットワークス、Sansanへ次世代エンドポイント保護製品を提供 テレワーク環境適応にも活用

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5