SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Cloudflare、NVIDIAとの提携でエッジへのAI導入を促進へ

 Cloudflare(クラウドフレア)は、AIを大規模にエッジへ導入するため、NVIDIAとの提携を発表した。

 NVIDIAのアクセラレーティッドコンピューティング技術とCloudflareのエッジネットワークを組み合わせることで、大規模なプラットフォームを構築することが可能となり、開発者は事前にトレーニングやカスタマイズした機械学習モデルを使用したアプリケーションを数秒で展開できるようになるという。また、TensorFlowプラットフォームを活用することで、開発者は使い慣れたツールを使用して機械学習モデルを構築・テストし、Cloudflareのエッジネットワークにグローバルに展開できるとしている。

 また、従来の機械学習モデルは、高価な集中型サーバーに配置されたり、世界各地にある「地域限定の」クラウドサービスを利用していたという。今回の提携により、世界中のオンライン人口の数ミリ秒圏内に機械学習を導入することができ、誰もが高性能かつ低遅延のAIを導入することが可能になるとしている。また、機械学習モデル自体はCloudflareのデータセンターに存在するため、開発者は、第三者に盗難されるリスクを抱えてエンドユーザーデバイスにカスタムモデルを配置するリスクから解放されるという。

 Cloudflare共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマシュー・プリンス(Matthew Prince)氏は、「Cloudflare Workersは、そのDNAにセキュリティが組み込まれた、最速かつ最も広く採用されているエッジコンピューティング製品のひとつです。今回、NVIDIAとの提携によって、強力な人工知能ツールを開発者に提供し、未来を切り開くためのアプリケーションを構築できるよう支援します」と述べている。

【関連記事】
Cloudflareが2020年度の決算を発表、4Q、通年とも収益は前年比50%増加
Cloudflare、新型コロナワクチン接種のデジタル待合室サービスを発表
ドーモ、Webセキュリティとパフォーマンスを追及するCDN「Cloudflareエンタープライズプラン」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14294 2021/04/16 17:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング