SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

チェック・ポイントとBeeX、パートナーシップ締結で「BeeXPlus」への対策機能を追加

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(以下、チェック・ポイント)は、BeeXとのパートナーシップ締結を発表した。

 BeeXは、マルチクラウド基盤の運用・監視アウトソーシングサービス「BeeXPlus」に、チェック・ポイントの「CloudGuard Posture Management(旧称 Dome9、以下CloudGuard)」を採用し、不正な運用の防止やコンプライアンス準拠への対策機能を追加している。

 CloudGuardは、開発者それぞれが開発したクラウドネイティブアプリケーションの設定情報を容易に可視化できるSaaS型製品。設定の評価を自動で行い、設定の不備やミスを検知する機能を備えたエージェントが不要なマルチクラウドにも対応しているという。

[画像クリックで拡大]

 今回の採用により、BeeXはDXを促進したい顧客に対して、より安心してマルチクラウドを活用できるセキュリティ対策強化を行なえるようになるという。これによりBeeXは、本格的なクラウドセキュリティポスチャー管理(CSPM)を備えているマネージドサービスプロバイダー(MSP)として国内で初めてサービスを提供するとしている。

 チェック・ポイントは、CloudGuardの普及につながるこうしたパートナーシップを、今後も積極的に展開していくという。

【関連記事】
チェック・ポイント、組織が行うべきサイバー攻撃への予防策を公開
チェック・ポイント、リモートワーク向けの統合製品で煩雑さを解消へ
チェック・ポイント、Microsoftのゼロデイ脆弱性に関する調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14316 2021/04/22 11:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング