EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、Turbonomic買収でInstanaのAPM機能などを統合へ

  2021/05/07 12:17

 米現地時間4月29日、IBMは、アプリケーション・リソース管理(ARM)およびネットワーク・パフォーマンス管理(NPM)ソフトウェア・プロバイダーであるTurbonomicの買収の最終合意を発表した。この買収は、IBMによるInstanaの新規買収、および「IBM Cloud Pak for Watson AIOps」の展開を補完するものだとしている。

 Turbonomicを買収することで、IBMはAIOps(IT運用を自動化するためのAIの活用)からアプリケーションおよびインフラストラクチャー可観測性にわたるAIによる自動化機能を提供できるようになるという。

 買収完了後に、IBMは、InstanaのAPM機能やリアルタイム可観測性機能、IBM Cloud Pak for Watson AIOpsのITOps機能と、TurbonomicのARMソフトウェアを統合する予定。Turbonomic ARMとInstanaのAPM機能を統合することにより、ユーザーは処理を自動化して、基盤となるITインフラストラクチャーを最適化し、複数のアプリケーションにわたってパフォーマンスを確保することができるようになるとしている。

 また、Turbonomic ARMとIBM Cloud Pak for Watson AIOpsの統合では、アプリケーションのトポロジーとアプリケーションが実行されるリソースを橋渡しすることによって、クロスクラウド管理でのITOpsエクスペリエンスが向上。これにより、インシデントの解決を迅速化することができる。さらに、リソースの配置処理を自動化することで、エンド・ユーザーへの応答時間を遅らせずに、需要の急増に自動的に対応することができるという。

 IBM Automationのゼネラル・マネージャーであるディネシュ・ニーマル(Dinesh Nirmal)氏は、「AIによる自動化が不可避になっていることから、すべての情報中心の業務はより生産的になるとIBMは考えています。そのため、IBMはビジネス・プロセスおよびITにまたがるAIによる自動化機能のワンストップ・ショップをお客様に提供することに投資し続けています。Turbonomicが加わることで、お客様は自社のハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーおよび自社全体で何が起きているのかを完全に把握できるようになり、IBMのポートフォリオは大きく前進します」と述べている。

 本取引は、慣習的な買収完了条件を満たした後、2021年第2四半期に完了する予定だとしている。

【関連記事】
三菱重工と日本IBM、CO2流通を可視化するデジタルプラットフォーム構築を目指す
三井化学と日本IBM、ブロックチェーン技術によるトレーサビリティシステム実用化へ
クラウド関連事業がけん引【IBM 2021年度第1四半期の連結決算】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5