SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

MUFG、セールスフォース・ドットコム「FSC」で顧客情報の連携を強化

 セールスフォース・ドットコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、グループを総称してMUFG)が、金融機関向けの顧客関係管理(CRM)並びに営業支援アプリケーションとしてFinancial Services Cloud(以下FSC)の採用を決定し、導入したことを発表した。

 FSCは、顧客、案件、見込顧客に関する情報を一元化して管理し、生産性を向上させる金融機関向け顧客関係管理(CRM)ソリューション。セールスフォース・ドットコムでは、これまでMUFG各社で管理していた顧客情報を新たに一定の条件の下でFSCに集約することで、業務効率化を支援するとともに、高度な専門性と共に質の高いソリューションを最適なタイミングで提案することを支援するという。MUFGでは、グループ各社におけるFSCの展開拡大を見据えているとしている。

 セールスフォース・ドットコムは、これまで蓄積したCustomer 360プラットフォームのノウハウを活かしてFSCのさらなる機能強化を行う予定だという。Customer 360プラットフォームは、セールス、サービス、マーケティング、コマース、などの各部門を連携させる統合型のCRMプラットフォーム。これにより、各部門が顧客情報を共有できるようになるため、顧客と長期にわたる信頼関係を築き、顧客の期待に応えるパーソナライズされた体験を提供するために協力し合うことができるという。

 同社は、大きな変革が求められる金融業界において、Customer 360プラットフォームの提案を強化する中で、今後も引き続きMUFGならびにグループ各社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援し、同社の成功に貢献していくとしている。

【関連記事】
セールスフォース・ドットコム、JA共済連のDXを「FSC」で支援
MuleSoft、セールスフォースの一翼を担う日本戦略を発表
セールスフォース・ドットコム、大阪府とDXスキル習得など人材育成で協力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14367 2021/05/11 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング