EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、オラクルのCDPで顧客データの最適化などを推進

  2021/05/13 17:52

 日本オラクルは5月13日、日本電気(以下、NEC)が、「Oracle Fusion Cloud Unity Customer Data Platform(Oracle Unity)」と「Oracle Fusion Cloud Maxymiser Testing and Optimization(Oracle Maxymiser)」を採用したことを発表した。NECは、オラクルがSaaSとして提供するカスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)を採用することで、分散された顧客データを統合、最適化された顧客プロファイルを活用し、よりパーソナライズされたマーケティングや営業活動をマルチチャネルで展開していくという。

NECが両製品を採用したポイント

  • 業界別データ・モデルが事前に定義されており、短期間で構築・運用開始が可能
  • 自動検知アルゴリズムを用いて、異なるデータのソース群からルール・ベースで統合マスター・レコードを自動生成でき、かつ従来データも保持されるため、多様なデータ活用を実現
  • セグメンテーションにSQLやプログラムが必要ない点に加え、マーケティングや営業管理システムと円滑に連携できるため、マーケティング担当者が使い易いユーザー・エクスペリエンスを提供

 NEC 執行役員 兼 CMO(チーフマーケティングオフィサー)榎本亮氏は、「NECでは、『Oracle Eloqua』を活用してアカウント・ベースド・マーケティングを実践してきました。現状の取り組みをさらに拡張し、サービス型事業へのシフトを加速していく上でも、『Oracle Unity』と『Oracle Maxymiser』を活かしたデジタル基盤の強化を行い、顧客360度ビューを構築し、それらの情報を顧客とのあらゆる接点で最大限活用していきます。常に進化するオラクルのクラウド・サービスのメリットを享受しながらデジタル・マーケティングのさらなる強化を図っていきます」と述べている。

【関連記事】
SMBCグループ、オラクルのクラウドERPで会計システム刷新へ
オラクル、「GoldenGate」を従量課金制のクラウドサービスとして提供へ
NEC、「早押しクイズ」をヒントにAI技術を開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5