EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Oktaの多要素認証アプリ「Okta Verify」がリスクベース認証に対応

  2021/07/13 14:00

 Oktaは、「Okta Verify」がOktaアカウントサインイン時のリスクベース認証に対応したことを発表した。

 この新機能により、管理者は、エンドユーザーが組織にサインインしてOkta Verifyで認証する際のルール作成において、 サインインのリスクレベルを設定し、 指定されたリスクレベルに対応する認証を割り当てることができるという。

 リスクレベルの設定は、下記のリスク要因に応じて3段階(高・中・低)から選択可能だとしている。

  • 場所やIP情報の変則性
  • デバイス情報の変則性
  • 疑わしい脅威(DDOS、 ブルートフォースやパスワードスプレー攻撃など)

 また、 リスクが高いと判断される認証が生じた際(中間者攻撃を受けやすいと判断された場合など)には、Okta Verifyのモードが自動的にナンバーチャレンジへ切り替わるという。 このように、リスクベース認証とOkta Verifyを組み合わせることで、リスクに応じた柔軟な防御措置を実現できるとしている。

ナンバーチャレンジ想定図
ナンバーチャレンジ想定図

【関連記事】
Okta、Auth0の買収完了でアイデンティティ市場における成長を加速
Fastly、Oktaとの提携でセキュリティと不正リスクの保護機能を強化
SmartHR、Oktaとの連携でシングルサインオンなど利便性向上へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5