SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Oktaの多要素認証アプリ「Okta Verify」がリスクベース認証に対応

 Oktaは、「Okta Verify」がOktaアカウントサインイン時のリスクベース認証に対応したことを発表した。

 この新機能により、管理者は、エンドユーザーが組織にサインインしてOkta Verifyで認証する際のルール作成において、 サインインのリスクレベルを設定し、 指定されたリスクレベルに対応する認証を割り当てることができるという。

 リスクレベルの設定は、下記のリスク要因に応じて3段階(高・中・低)から選択可能だとしている。

  • 場所やIP情報の変則性
  • デバイス情報の変則性
  • 疑わしい脅威(DDOS、 ブルートフォースやパスワードスプレー攻撃など)

 また、 リスクが高いと判断される認証が生じた際(中間者攻撃を受けやすいと判断された場合など)には、Okta Verifyのモードが自動的にナンバーチャレンジへ切り替わるという。 このように、リスクベース認証とOkta Verifyを組み合わせることで、リスクに応じた柔軟な防御措置を実現できるとしている。

ナンバーチャレンジ想定図
ナンバーチャレンジ想定図

【関連記事】
Okta、Auth0の買収完了でアイデンティティ市場における成長を加速
Fastly、Oktaとの提携でセキュリティと不正リスクの保護機能を強化
SmartHR、Oktaとの連携でシングルサインオンなど利便性向上へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14669 2021/07/13 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング