EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

農林水産省、統合人事システム「COMPANY」導入 新たな政策価値の創造を目指す

  2021/09/16 17:35

 Works Human Intelligenceは、農林水産省がデジタル・ガバメント実現のため、人材情報管理の基盤として統合人事システム「COMPANY」の導入を決定したと発表した。

 同省が導入を予定している対象業務への網羅性が高く、ノーカスタマイズによる導入が可能なため、導入効率化やコスト面・保守面での優位性などに期待できるとの見方から、同システムの採用が決定されたとしている。

 これにより、同省は「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」「COMPANY Talent Management」を導入。2022年1月に、5,000人の勤務時間管理を先行稼動する予定だという。

 また、稼動機能・範囲を順次拡大していき、2023年1月にはシステムを完成させ、全国24,000人の職員が利用することになるとしている。

期待効果

「COMPANY」の標準機能を活用した業務プロセスの再構築

 人事・給与、勤務時間管理、福利厚生などの内部管理業務を「COMPANY」シリーズに統合して運用することを前提に、手入力や無駄な作業の排除、業務の標準化、業務プロセスの再構築を実行。年間約21.1万時間を創出し、新たな政策価値の創造を目指すという。

人材データの一元管理によるタレントマネジメントの実現

 「COMPANY」に集約・蓄積される人材データを、複数業務・組織で横断的に活用することにより、リアルタイムなデータ更新と人材の可視化を実現。また、可視化した最新データを活用した組織・人材の分析や人事企画を行うことにより、戦略的人事やマネジメント強化を目指すとしている。

【関連記事】
日立グループ、総務省「自治体DX推進計画」に対するソリューションを新たに体系化
国土交通省とNTTデータ経営研究所、神奈川県と協同でバリアフリー情報をオープンデータ化
農林水産省、オートメーション・エニウェアのRPAを利用した業務改革へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5