EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デロイト トーマツ、製造業の戦略的なDXを支援するイノベーションスペースを開設

  2021/09/22 15:00

 デロイト トーマツ グループは、ものづくり企業の戦略的なDX推進を支援するため、デロイト グローバルが掲げる工場スマート化のコンセプト「The Smart Factory」を具現化するためのイノベーションスペースを、日本において展開する。

 本取り組みの第1弾として、9月22日に「The Smart Factory @ Kyoto」を京都先端科学大学と共同で開設。「Factory Connectivity ~現場と経営をつなぐ~」をテーマに、分断されている現場のシステム、機器、装置をつなげることにより、今まで人が行っていた業務を機械化し、人がより付加価値の高い業務に専念できるようになることを目指せる場にしたという。

 具体的には、同テーマの実現に活用可能なソリューションを見て、触れて、体験することができるショーケースエリアと、ショーケースエリアで得た体験をもとに、未来の工場の姿や実現に必要なデジタル変革を形にするワークショップなどを行うイノベーションエリアを設けているとしている。

ショーケースエリア

 「Factory Connectivity」をテーマに、データのデジタル化、意思決定に必要な可視化、データ分析による現場改善の実現に効果的な8つのソリューションを展示。具体的には、製造現場で使われる主要基幹システムと現場機器、装置の連携により、大量生産の生産性を保ちマスカスタマイゼーションを実現するManufacturing4.0ライン、ウェアラブルデバイスや帳票ソフトウェアを活用した製造現場のペーパーレス化および効率化、各種センサーとクラウドをつなげた設備稼働や工場環境管理などのデモンストレーションを見て、触れて、体験することができるという。

イノベーションエリア

 工場スマート化に向けた第一歩を支援するため、スマートファクトリーの専門家とともに行う構想策定やユースケース策定など、各企業のDX構想のアプローチに合ったサービスを提供。ショーケースエリアで体験し、具体的なイメージを描いた上で、戦略・プログラムマネジメント、テクノロジー・システム、組織・人事、オペレーションなど、組織全体の改革を進めるためのPoC、ロールプレイなども含めたワークショップなどのサービスを提供予定だとしている。

 なお、同社は今後、東京都内にも非連続な技術革新による価値創造をテーマとした 「The Smart Factory @ Tokyo」の設立を検討しているという。

【関連記事】
デロイト トーマツと京都先端科学大学、モノづくりDXを新施策で後押しへ
デロイト、サードパーティーリスクマネジメントに関する調査結果を公表
デロイト トーマツとコンカー、ファイナンス領域のDX推進で協業へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5