EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アリババクラウド、2022年に韓国とタイにデータセンターを開設へ

  2021/10/22 17:13

 アリババクラウドは、2022年に韓国とタイにデータセンターを開設する計画を発表した。

 これらのデータセンターは、両国のデジタル経済や企業の変革とイノベーションを支援するインテリジェンスの中枢として機能するという。また、同社グループの研究機関アリババDAMOアカデミーは、6時間先までの短期的な気象状況を予測できるクラウドベースの人工知能(AI)を活用したナウキャスティング・プラットフォームも発表している。

 本プラットフォームは、1キロメートルの格子間隔で高解像度の画像を生成し、10分毎に更新が可能。降水量や風速のほか雷や雹などの悪天候を追跡することができ、農業、物流、輸送、再生可能エネルギーなど、天候に左右される分野に対して具体的な情報を提供するという。また、アリババDAMOアカデミーと中国の中央気象台(国立気象センター)が共同開発したAIベースの予測プラットフォームは、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)モデルを組み込み、レーダー反射率や気象衛星画像から効果的に特徴を抽出。機械学習モデルは、数分で高精度かつリアルタイムに近い天気予報を行うことができ、敵対的生成ネットワーク(GAN)によって鮮明な予報画像を生成できるという。

【関連記事】
アリババクラウド、日本市場向けにAIサービスパッケージを提供へ
アリババクラウド、東京オリンピックの放送サービスをクラウド基盤で支援
アリババクラウド、2020年7-9月期決算を発表 金融・小売業からの収益増加にけん引され好調示す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5