EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux 8.5」の一般提供を開始

  2021/11/19 14:02

 米現地時間11月10日、Red Hatは、「Red Hat Enterprise Linux 8.5」の一般提供の開始を発表した。

 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8.5は、パブリッククラウドプロバイダー、複数のハードウェア・アーキテクチャ、仮想化環境、エッジ・コンピューティング・モデルにまたがるプラットフォームに向けて、バックボーンを提供するよう設計されているという。同プラットフォームは、Red Hat Insightsを拡張、既存のコンテナ管理機能をベースに、ITチームがマルチクラウド環境でワークロードに応じたシステムを容易に構築できるとしている。

 同Red Hat Enterprise Linux 担当ゼネラルマネージャー ガナー ヘレクソン氏は、「Linuxは、ほぼすべてのパブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジ・デプロイメント、データセンターで話されている共通言語です。Red Hat Enterprise Linux 8.5は、マルチクラウド・エコシステムにおける世界有数のエンタープライズLinuxプラットフォームの役割を強化し、クラウドネイティブなコンテナ・イノベーションの強化からシステムロールによるLinuxスキルの拡張まで、進化する複雑なITニーズに対応する新しい機能を、お客様が求めるあらゆるフットプリントで提供します」と述べている。

【関連記事】
Red Hatとexida、車載用Linuxプラットフォームの提供を目指す
Red Hat、新たなマネージド・クラウドサービスでポートフォリオを拡張
IBMとRed Hat、Cobuilderが建設業界のDX推進を目的に「OpenBuilt」開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5