SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

総売上高、前年同期比61%増――Okta 第3四半期決算

 Oktaは、2021年10月31日に終了した第3四半期決算を発表した。

2022年度第3四半期決算のハイライト

  • 売上高:総売上高は、前年同期比61%増の3億5,100万ドル。サブスクリプション収益は3億3,700万ドルで、前年同期比63%増。Okta単独ベース(Auth0に帰属する4,600万ドルを除く)では、総売上高は40%増加した
  • 残存パフォーマンス義務(RPO):RPOもしくはサブスクリプション収入バックログは、前年同期比49%増の23億5,000万ドル。今後12ヵ月間に認識される予定の契約サブスクリプション収益である現在のRPOは、2021年度第3四半期と比較して57%増の11億8,000万ドルとなった
  • 計算上の請求額:獲得した繰延収益を差し引いた計算上の請求額は、前年同期比54%増の3億8,900万ドル。計算上の請求額には、2022年度第1四半期末に実施された請求プロセス改善の効果が含まれているという。これらの改善を除くと、請求書作成額は3億8,700万ドルとなり、前年同期比で53%増加している
  • GAAPベースの営業損失:2021年度第3四半期のGAAPベースの営業損失が5,200万ドル(総売上高の24%)であったのに対し、GAAPベースの営業損失は1億9,900万ドル(総売上高の57%)となった
  • 非GAAPベースの営業利益/損失:2021年度第3四半期の非GAAPベースの営業利益600万ドル(総売上高の3%)に対し、非GAAPベースの営業損失は1,000万ドル(総売上高の3%)となっている
  • GAAPベースの純損失:2021年度第3四半期のGAAPベースの純損失7,000万ドルに対し、GAAPベースの純損失は2億2,100万ドル。1株当たりのGAAP純損失は、2021年度第3四半期の0.56ドルに対し、1.44ドルだという。GAAPベースの純損失および1株当たりGAAPベースの純損失には、Auth0に帰属する1億2,000万ドルおよび0.78ドルがそれぞれ含まれているという
  • 非GAAPベースの純利益/損失:2021年度第3四半期の非GAAPベースの純利益が600万ドルであったのに対し、非GAAPベースの純損失は1,600万ドルとなった。2021年度第3四半期の非GAAPベースの基本的および希薄化後の1株当たり純利益0.04ドルに対し、非GAAPベースの基本的および希薄化後の1株当たり純損失は0.07ドルとなっている
  • キャッシュフロー:2021年度第3四半期の営業活動によるキャッシュフローが4,300万ドル(総売上高の20%)であったのに対し、営業活動によるキャッシュフローは3,700万ドル(総売上高の11%)。フリーキャッシュフローは、2021年度第3四半期の4,200万ドル(総売上高の19%)に対し、3,300万ドル(総売上高の10%)となった。現金、現金同等物、短期投資は、2021年10月31日時点で24億8,000万ドルとなっている

 同最高経営責任者(CEO)兼共同創業者であるトッド・マッキノン(Todd McKinnon)氏は、「Oktaの第3四半期の好調な業績は、アイデンティティ・ファースト・アーキテクチャへの継続的な移行と、ゼロトラスト・セキュリティ環境導入の重要性を反映しており、これらが当社の市場における主導的地位を後押ししています。我々はOktaとAuth0の勢いを維持しながら、統合に向けて大きく前進しています。お互いの顧客基盤を利用したクロスセリングに早くから成功しており、巨大なアイデンティティ市場をより早く獲得するために協力して取り組んでいます」と述べている。

【関連記事】
OktaとAuth0、新機能追加などでカスタマーアイデンティティの促進を図る
総売上高は前年同期比57%増に――Okta、2022年度第2四半期決算
グローバルと比べて遅れも――Okta「アイデンティティを中心とするゼロトラスト導入実態調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15294 2021/12/02 19:06

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング