SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

【IPA注意喚起】年末年始休暇前にセキュリティ対策を今一度

 情報処理推進機構(以下、IPA)は、年末年始に先駆けて長期休暇における情報セキュリティに関する注意を促している。

 IPAによると、年末年始のような長期休暇はシステム管理者が不在になることから、ウイルス感染や不正アクセスなどの被害が発生した場合に対処が遅れてしまうことがあるという。場合によっては関係者に対して被害がおよぶ可能性もあるとしている。

 また、最近は外出自粛の影響により、家でパソコンを利用する時間が長くなっており、ウイルス感染やネット詐欺被害のリスクは高まっているという。

 IPAでは最悪の事態とならないよう、組織のシステム管理者および利用者、家庭の利用者のそれぞれに対して取るべき対策を同機構のホームページで公開している。

 さらに、11月から「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスの攻撃が再開し、12月現在も攻撃が続いているという。Emotetの攻撃では、過去にやり取りされたメールやメールアドレスが転用され、ウイルスメールとして送られてくることがある。そのため、長期休暇明けはメールが溜まっていても、すぐに添付ファイルやURLリンクは開かず、1件ずつ慎重に確認するよう呼びかけている。

【関連記事】
2022年に注意すべき4つのサイバーセキュリティ脅威とは――HP予測
2021年の10大セキュリティ事件を発表 認知度1位は電子決済サービスへの不正アクセス
10.5%の中小企業社員がサイバーセキュリティに関するトラブルを経験か――IPA調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15380 2021/12/21 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング