SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

フューチャーアーキテクトの「次世代バンキングシステム」を福島銀行に導入

 フューチャーアーキテクトは1月20日、SBI地方創生サービシーズに提供する「次世代バンキングシステム」を福島銀行に導入すると発表した。2024年の本稼働を目指すとしている。

 「次世代バンキングシステム」は、フューチャーアーキテクトがこれまで全国30行以上の地域金融機関の改革を支援してきた実績をもとに、ゼロベースで最適を追求したクラウド型基幹系業務システム。最大の特長は、勘定系コア機能をシンプルにし、マイクロサービスアーキテクチャによってビジネスの変化に柔軟かつスピーディーに対応できるよう設計している点だという。また、各システムに分散する顧客情報を一元化し、リアルタイムデータを活用した経営戦略の施策立案やサービスの拡充、店舗業務のコスト削減や業務効率化を図る。

 福島銀行は2021年4月に開始した新中期経営計画において、地域創生に貢献するための主要施策として「DX化の推進」を掲げているという。フューチャーアーキテクトは、福島銀行のIT戦略パートナーとしてSBI金融クラウド上に「次世代バンキングシステム」を構築し、新サービスの展開や営業力強化、業務効率化へ向けたDX化を支援するとしている。

【関連記事】
フューチャー、データプラットフォームでニチガスのDXを支援
フューチャー、サイバー攻撃に特化したクラウド型のセキュリティサービス「FutureVuls」の提供を開始
フューチャーアーキテクト、セキュリティ脅威のリアルタイム分析サービス「Future SIEM」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15470 2022/01/20 17:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング