SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、ロボット市場で業務提携

 アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループは、ロボット市場における中長期的な需要創造と社会課題解決を目指して、業務提携の締結を発表した。また、アイリスオーヤマはソフトバンクロボティクスグループが実施する総額100億円の第三者割当増資の引き受けを決定したという。

 両社は法人向けサービス・ロボット分野の市場に本格参入するため、2021年2月に合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」を設立。今回の業務提携および第三者割当増資の実施により、連携を一層強化するという。

 今後両社は、DX化への対応と持続可能な社会の実現に向けて、労働者不足解消とDX化に向けた取り組み、脱炭素社会の実現・CO2排出量削減に貢献、新たなソリューションの開発と向上を推進していくとしている。

概要

  1. 労働者不足解消、DX化に向けた取り組み:深刻な労働者不足とコロナ禍におけるDX化の加速という状況において、サービス・ロボット分野を成長分野と捉え、企業や医療施設や教育機関への導入と開発など領域を拡大
  2. 脱炭素社会の実現・CO2排出量削減に貢献:脱炭素社会の実現やCO2排出量の削減等の環境課題に対し、無線制御システム「LiCONEX」とアイリスオーヤマのサービス・ロボットをつないで業務効率化と改善を図ることで消費燃料削減や環境課題解決に貢献
  3. 新たなソリューションの開発と向上:DX化、省人化、効率化を推進し、社会変化に対応したロボットの研究・開発を推進。ソフトバンクロボティクスグループが持つAIロボットOS分野の高い知見と技術、アイリスオーヤマの商品開発力の相乗効果により新たな市場を創造

【関連記事】
日本はロボット・AIに高い信頼を寄せる【日本オラクル 財務とAIに関わる調査】
NECが搬送ロボットの効率を2倍にする制御を開発 自律的に速度を調整
日本IBM、センシンロボティクスとのソリューション連携を発表 ロボット活用で保全業務DXを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15533 2022/02/03 14:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング