SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Nutanix、「Nutanixクラウドプラットフォーム」の新たな製品ポートフォリオを提供

 米現地時間2月15日、Nutanixは、新しい製品ポートフォリオのグローバル提供を開始したと発表した。

 新たな製品ポートフォリオは、ハイブリッド・マルチクラウド戦略への移行を容易にするだけでなく、複数の環境にわたってハイブリッド・クラウドサービスを実現する際に起こりがちな煩雑な作業を解消するものだという。今回の発表により、導入しやすい一連のソリューションをセットで提供することで、デジタル変革をさらに効率化するとしている。

 新たにアップデートされたポートフォリオには、以下が含まれるという。

  • Nutanix クラウドインフラストラクチャー(NCI):NCIをパブリッククラウド、Nutanix Cloud Clusters(NC2)で実行することにより、複数のクラウド環境にまたがって管理とポリシーを持つ統合クラウド環境の運用効率を維持しながら、俊敏性、柔軟性、アプリケーション近代化のためのハイブリッドクラウド戦略への移行を支援。主な事例としては、クラウドのバースト、ディザスターリカバリー、データセンターのリフト&シフトなどが挙げられるとしている
  • Nutanix クラウドマネージャー(NCM):NCMは、監視、洞察、自動修復などのインテリジェントな運用を実現し、企業がアプリケーションを簡単に展開、運用、管理できるようにするという。また、インテリジェントなリソース最適化、クラウド計測とチャージバックの正確な可視化により、財務説明責任とコストガバナンスを推進。さらに、複数のクラウド環境にまたがったワークロードとデータのセキュリティ運用を一元化し、インテリジェントな分析とコンプライアンスツールでインシデントレスポンスの自動化を実現するという
  • Nutanix ユニファイドストレージ(NUS):NUSは、すべてのストレージリソースを一元管理することで、複数のインターフェースによる複雑さを解消し、ストレージの専門家でなくても日々のストレージおよびデータ管理タスクを処理できるようにするとしている。ソリューションに統合された分析機能により、データの可視化と洞察が得られ、データのガバナンスとセキュリティが実現するという
  • Nutanix データベースサービス(NDB):NDBは、Database-as-a-Service(DBaaS)とセルフサービスのデータベース体験をオンプレミスおよびパブリッククラウドで提供し、新規と既存のデータベースの両方を開発者に提供することを支援するとしている
  • Nutanixエンドユーザー・コンピューティング・ソリューション:Nutanix Cloud Infrastructure(NCI)にユーザー単位のライセンス・オプションを提供し、インフラストラクチャーのコスト・モデルをエンドユーザー・コンピューティング・プラットフォームのコスト・モデルに合わせることで、キャパシティ・プランニングを簡素化。また、NCI、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウド上でエンドユーザーのワークロードを実行できる、Desktop-as-a-Service(DaaS)プラットフォームが含まれているという

【関連記事】
Nutanix、「Nutanix Era」への新機能追加でデータサービスなどを強化
Nutanix、売上高が前年同期比19%増加【2021年度第4四半期 業績発表】
SBテクノロジー、Nutanixのクラウド技術を活用しデータベース運用自動化を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15587 2022/02/17 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング