EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

画像センシング技術をSaasアプリとして簡単導入 パナソニックが新発表

  2022/03/14 17:40

 パナソニックは、画像センシング技術をSaaSアプリケーションとして提供開始すると発表した。まずは、コロナ禍で需要の多い「混雑状況可視化アプリケーション」を2022年3月31日より提供する。

 同社が提供予定の「混雑状況可視化アプリケーション」は、カメラの画像を解析しイベント会場や施設などの人数・混雑度をリアルタイムで計測。計測結果をダッシュボードでわかりやすく表示し、さらにWeb-APIで顧客側システムとの連携も容易だという。

 また、汎用ネットワークカメラのカメラ画像を活用できるため、特殊なカメラやセンサーなどを設置する必要がなく、既存のネットワークインフラがある場合は整備にかかる初期コストが不要で、期間を限定した柔軟な利用も可能だ。

 同社は順次アプリケーションのラインナップを拡充していくとし、今後も多様な「現場」に寄り添うことで、顧客の経営課題や社会課題の解決を目指していくという。

【関連記事】
パナソニックが東京ドームで新顔認証技術を運用開始 各社クラウドとも連携し、入場・決済も実現
マクニカとパナソニックNETS、次世代型の監視システム構築に向けて連携
パナソニック、顔認証エンジンの改善で大型施設などでの活用を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5