SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立とServiceNowがPSIRT分野で協業 脆弱性を一括把握

 日立製作所(以下、日立)とServiceNow Japanは、製造業向けのサイバー攻撃への対策や製品セキュリティ向上のため、PSIRTの分野で協業を開始したと発表した。

 具体的にはServiceNowのSOARソリューションである「Security Operations」と、日立の脆弱性検索サービスを組み合わせたPSIRT運用プラットフォームを開発し、3月22日より提供を開始する。

 これまで製品セキュリティにおいて脆弱性情報の収集や管理する場合、表記に揺らぎがあるため製品情報との照合で人的にも時間的に多大なコストがかかっていたという。

 そこで日立独自の脆弱性検索サービスのあいまい検索を用いることで表記揺れのパターンを解析し、高い精度で脆弱性情報や製品情報を照合することを実現。両社で実施したPoC(概念実証)では、脆弱性情報収集および確認にかかる時間を約70%削減したとのこと。

 脆弱性情報や製品情報はServiceNowの「Security Operations」上で一元管理され、セキュリティ対策が必要な製品が検出された場合は自動的にインシデントを起票。設計・開発・品質管理部門など関連部署に調査・対応の依頼を展開できるという。

 これによってリアルタイムにセキュリティの運用状況を把握し、時系列での脆弱性調査状況や部署・脆弱性・製品ごとの傾向も可視化することで、リスクの早期把握にもつながるとしている。

 両社は今後、PSIRT運用プラットフォームの強化を進め、製造業を中心に広く提供するだけでなく、社会や企業のセキュリティ対応の課題を解決し、安全・安心な社会の実現に貢献していくという。

【関連記事】
三菱ガス化学と日立、新素材開発におけるDXを推進 生産改革の実現を目指す
日立とソラコム、IoTサービスを強化 業界固有の課題解決も
資生堂、社内DXのプラットフォームにServiceNowを採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15738 2022/03/22 15:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング