SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

侵入成功率90%のハッカーが診断 GMO子会社が銀行向けセキュリティパッケージを提供開始

 GMO子会社のイエラエセキュリティは、4月1日から銀行向けのサイバーセキュリティ総合対策パッケージ「GMOサイバーセキュリティ for 銀行」の提供を開始することを発表した。なお販売は、GMOペイメントゲートウェイが担当する。

 同パッケージは侵入成功率90%を誇るホワイトハッカーがリスク評価、ペネトレーションテスト、対策まで一括対応するのが特徴だ。

 セキュリティ担当者が不足していても対応が可能で、業務やシステムも止めずに最低負荷で実施できるという。

 各銀行の顧客属性やシステム構成に基づき、それぞれの機能や製品特性に基づいた情報資産とリスクを洗い出した上で、サイバー攻撃を防止するのに必要な対策を可視化。優先度に応じて対策の実施を行うという。

[画像クリックで拡大]

 また、ペネトレーションテストを通して、Active Directoryのドメイン管理者権限を取得できるかどうかを主軸に、銀行固有のネットワーク環境まで外部から侵入が可能か、リスクを評価する。

 同パッケージでは、それらテストで浮き彫りとなった様々な課題の解決を支援し、状況に応じたアフターフォローを提案・実施していくとのことだ。

【関連記事】
GMOあおぞらネット銀行が日本IBMのAIOps「Instana」でシステム管理を効率化
GMOインターネットグループ、サイバーセキュリティ事業に本格参入へ
日本の金融ビジネスのDXは可能か? 銀行業務プラットフォームを提供するnCinoに聞く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15798 2022/04/01 19:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング