SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

パナソニック、4/1から事業会社制に移行 「Blue Yonder」はパナソニック コネクト傘下に

 パナソニックグループは4月1日、持株会社・事業会社制に移行した。商号を継承した「パナソニック株式会社」は、くらし領域の事業が結集した事業会社として新たに発足。また、コネクティッドソリューションズのBtoBソリューション事業を引き継ぐ会社として、「パナソニック コネクト株式会社」も同日発足した。

 パナソニックは、「中国・北東アジア社」「くらしアプライアンス社」「空質空調社」「コールドチェーンソリューションズ社」「エレクトリックワークス社」の5つの社内分社を中心に事業を展開する。

会社概要
  • 会社名:パナソニック株式会社(英文社名:Panasonic Corporation)
  • 代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 品田 正弘
  • 設立日:2022年4月1日
  • 本社所在地:東京都港区東新橋1丁目5番1号
  • 本店所在地:大阪府門真市大字門真1006番地
  • 資本金:5億円
  • 売上高:3兆6400億円(2021年度見通し)
  • 事業内容:家電、空質・空調機器、照明・電気設備、業務用冷凍・冷蔵機器、関連デバイスなどの開発・製造・販売
  • 従業員数:約88,000人

 パナソニック コネクトは以下の構成だという。2021年9月に完全子会社化した「Blue Yonder」を傘下に持つなど、約28,500人の従業員でスタートする。

  • 現場ソリューションカンパニー(旧パナソニック システムソリューションズ ジャパン):国内でのソリューション営業を担当
  • プロセスオートメーション事業部:電子部品の実装機や溶接機に強み
  • メディアエンターテインメント事業部:五輪で採用される高品質なプロジェクター、放送用カメラ、サウンド機器などを提供
  • モバイルソリューションズ事業部:レッツノート、タフブックなどのパソコン製品、決済端末
  • パナソニック アビオニクス:航空機の機内エンターテインメント事業
  • Zetes:物流のトレーサビリティや個人認証のソリューションに強み
  • Blue Yonder:サプライチェーンマネジメントソフトウエア
会社概要
  • 会社名:パナソニック コネクト株式会社(英文社名:Panasonic Connect Co., Ltd.)
  • 所在地:東京都中央区銀座8丁目21番1号住友不動産汐留浜離宮ビル
  • 発足日:2022年4月1日
  • 代表者:代表取締役 執行役員 社長・CEO 樋口泰行
  • 事業内容:「サプライチェーン」「公共サービス」「生活インフラ」「エンターテインメント」分野向け機器・ソフトウェアの開発/製造/販売、並びに、システムインテグレーション/施工/保守・メンテナンス、およびサービスを含むソリューションの提供
  • 従業員数:約28,500人〔国内:約12,500人/海外:約16,000人(2022年4月1日時点)〕
  • 売上高:8182億円(2020年度パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズとして)

【関連記事】
パナソニック、PXの主軸に「RISE with SAP」を採用 グローバルでクラウド化を加速
パナソニックが東京ドームで新顔認証技術を運用開始 各社クラウドとも連携し、入場・決済も実現
パナソニック、Blue Yonder買収後のSCMソリューションが充実 武器となる3階層のデータ可視化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15803 2022/04/04 16:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング