SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アプリ近代化の目的はコスト削減が大半 ガートナーが調査結果を発表

 ガートナーは4月7日、日本企業のアプリの近代化に関する調査結果を発表した。同調査によると、企業にとってアプリの近代化を推進する理由は、複雑性の解消であり、最も期待する効果はコスト削減であることが明らかになったという。

 同社が2021年11月に実施した業務アプリケーションの近代化に関するユーザー調査の結果では、古いアプリの近代化に取り組む企業の大半が、更新完了までに数年を要すると回答。

 同社のアナリストでシニア ディレクターである飯島公彦氏によれば、アプリの複雑性を解消することは容易ではなく、時間がかかる上にコストも莫大となる。そのため、多くの企業で古いアプリの近代化と新規アプリの構築を並行して進める取り組みが加速しているという。

 同調査では、近代化に期待する効果について最も多く挙げられた項目の上位3つは、「稼働環境/インフラ・コストの削減」(47.9%)、「業務コストの削減」(44.0%)、「アプリケーション保守コストの削減」(41.2%)と、いずれもコスト削減に関するものだった。

 飯島氏は、近代化は1回で終わるものではなく、複数年にわたって継続的に取り組む必要があると指摘。また、アプリの複雑性を解消するための多大な費用については、企業の収益増加や顧客満足度の向上、従業員のパフォーマンスや満足度の改善など、コスト削減にとどまらないビジネス価値を高めるシナリオを描いて説明していくことも必要だとしている。

【関連記事】
信頼し得るAI運用の組織、75%が成功する見込み ガートナーがトレンドを発表
IT投資の差が企業間格差に ガートナーが2022年のIT支出予測を発表
日本の「デジタル化」7割は2025年まで停滞か ガートナーが展望を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15824 2022/04/07 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング