SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTC、MEGAZONEの出資比率を49%に増額 JV事業で年間650億円の売上目指す

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、MEGAZONEの株式を49%取得したと発表した。今後CTCは、MEGAZONEとのJV事業をスタートし、2025年には年間650億円の売上を目指すという。

 同社は、2019年にJV事業の実効性検証を目的にMEGAZONEに19%出資している。目標を大きく上回る効果を確認できたことから、増額したという。

 CTCは、ハイブリッドクラウド環境を最適化して提供するクラウドマネージドサービス事業として、4つのサービス群を「OneCUVIC」として展開。今回予定しているJV事業は、同社におけるAWS事業の拡大につながるものだとしている。

 さらに、ASEAN地域に展開するCTCグループと連携して、アジア地区最大規模のクラウドインテグレーション&マネージドサービスプロバイダー連合を形成していくという。具体的には、AWS、GCP、Azureをはじめとするパブリックラウドサービスを中心に、

  1. コスト運用効率の改善サービス
  2. 運用ソリューション
  3. クラウドネイティブ化サービス
  4. 運用・セキュリティサービス
  5. クラウドコントロールプレーンの開発

の5つの分野でサービスを拡充するとしている。

【関連記事】
CTC、ローカル5Gの技術検証が可能な専用スペースを開設 ベンダーと連携しながらの検証作業も
CTC、日本IBMとのパートナーシップ強化でクラウド分野のサービス拡充を目指す
CTC、3年で10億円の売上を新ソリューション群「Figues」で目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15863 2022/04/14 16:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング