SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セキュリティ担当者が提起すべき8つの主要課題 KPMGコンサルティングがレポートを公開

 KPMGコンサルティングは、CISOとセキュリティチームが検討すべき8つの主要課題を解説したレポート「サイバーセキュリティ主要課題2022」を発表した。

 本レポートでは、経営幹部や取締役会のレベルでCISOが優先的に問題提起すべき8つの主要課題を選定。サイバー攻撃による影響を最小限に抑える組織づくりや、セキュリティ機能の自動化などについて解説している。

 同社によれば、サイバー攻撃の脅威が増す中で、CISOとセキュリティチームには「攻め」のマインドセットが不可欠であるという。そのため「してはいけないこと」を社内に告げる「守り役」ではなく、「安全にできることは何か」を示すことが重要だとしている。

 8つの主要課題については以下の通り。

  1. 戦略的なセキュリティ議論の促進:コストやスピードから効果的なセキュリティのあり方へと議論の軸足を移し、ビジネスバリューやユーザーエクスペリエンスの向上につなげる
  2. 成功の決め手・不可欠な人材とスキルセット:CISOやセキュリティチームの役割を、サイバーセキュリティの「強制者」から「インフルエンサー」へと転換する
  3. クラウド時代にふさわしいセキュリティ:導入・監視から復旧まで、自動化でクラウドのセキュリティを強化する
  4. ゼロトラストの中心軸となるID管理:あらゆるものがネットワークに接続された「ハイパーコネクテッド」にある現在の環境には、IAM(ID・アクセス管理)とゼロトラストで対応する
  5. セキュリティ自動化の活用:セキュリティ自動化をスマートに導入し、ビジネスバリューの実現を促進する
  6. プライバシーフロンティアの保護(変わりゆくプライバシーの保護):プライバシー関連のリスク管理は、セキュリティとプライバシーに配慮した多層的な手法に切り替える
  7. 境界を越えたセキュリティ対策:サプライチェーンのセキュリティ対策は、時間のかかる作業から自動化・協調型に転換する
  8. サイバーレジリエンスを巡る議論の見直し:サイバー攻撃を受けた際、業務を継続しながら、迅速に復旧し影響を緩和する体制を確立する

【関連記事】
EVシフトで日本の自動車産業はどうなる? 「KPMGグローバル自動車業界調査2021」
KPMGコンサルティング、企業のデジタル人材育成を支援 オーダーメイドで提供
【SIベンダ必読】ソフトウェア受託開発の収益認識はこう変わる、KPMGコンサル、あずさ監査法人に訊く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15907 2022/04/22 19:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング