SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクルが新世代、Exadata X9Mを発表

 オラクルは、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で利用可能な「Oracle Exadata Cloud Infrastructure X9M」を発表した。

 「Exadata Cloud Infrastructure X9M」は、従来のX8Mの2.5倍となる最大8064のデータベース・サーバーvCPUを持ち、最大3.1PBの非圧縮データベース・キャパシティを提供する。なお価格は従来型と同一とのこと。

 SQLは19マイクロ秒以下で実行できるほか、OLTPのIOPSは最大87%向上している。なおクラウド上のアナリティクス・ワークロードは、最大2.88TB/sと、従来より80%も高速化しているという。

 また新システムは64のストレージ・サーバーによって、最大2880GB/sのアナリティクス・スキャンの集約スループットを提供する。

 なお「OCI」に「Autonomous Database」をデプロイしている場合、従来型のシステムよりも多くのデータベースとストレージ・リソースを利用可能となり、パフォーマンス向上とコスト削減を図れるとのことだ。

【関連記事】
9割の人々は企業のサステナビリティ対応に不満 オラクルが調査結果を発表
三井不動産、アウトレット含む商業施設の基幹システムを日本オラクルのクラウドで稼働へ
オラクルが「Java 18」提供開始、9つのJDK Enhancement Proposalsで改良

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15923 2022/04/26 14:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング