EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日経新聞の経理・財務業務DXに、Oracle Cloudが採用へ

  2022/05/12 18:00

 オラクルは5月12日、日本経済新聞が経理・財務業務DXを推進する目的として「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (ERP)」とその製品群である「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management (EPM)」を採用したことを発表した。

 日本経済新聞では業務領域において、プロセス・イノベーションや事務作業の自動化に重点を置いているという。そこで、その業務領域のDXの実装において、「Oracle Cloud ERP」と「Oracle Cloud EPM」を採用することで、経営情報をリアルタイムに把握し、日々の経営判断での活用とデータに基づく経営の見える化の実現を目指す。

 今回のシステムの導入により、予算・見込策定において予算の自動集計が可能になる。具体的には、一つの計画を見直すと、連動した形で他の予算計画も自動的に反映され、効率的かつ精度が担保された予算計画の作成が実現可能だ。

 また、組織やプロジェクト・コードなどを統一してマスタ管理を行うことにより、事業、イベント、組織などの粒度を整備し、単年、複数年、年度をまたいだ収支管理が行える。

 これにより、経営層が求める切り口でのレポートを複数軸で自動出力でき、新たな報告の要望に対し、迅速に対応できるとのことだ。

【関連記事】
大日本印刷、大規模基幹システムにオラクルのOCIを採用へ
オラクルがすべてのエンジニア/データアーキテクトにささげるデータ基盤 DXのためのデータ管理とは
ウエルシア薬局、全国店舗基幹システムにオラクルクラウドを採用

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5