SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Kore.ai、対話型AIプラットフォームの最新版などを日本国内向けに提供

 5月16日、Kore.ai Japanは、対話型AIプラットフォームの最新版「Kore.ai Virtual Assistant Platform 9.0」およびコンタクトセンターソリューションの最新版「SmartAssist 2.0」の提供開始を発表した。

 今回のリリースでは、ビジネス部門等の対話設計者とIT部門などの開発者がシームレスに連携して共同でダイアログを作成できる「Conversation Dialog Builder(対話駆動型ダイアログビルダー)」、人が介在するワークフローを含む包括的なビジネスプロセスを対話型AIにより遂行する「Process Apps(プロセスアプリ)」などの新機能および機能向上を実現。また、新たにKore.ai Virtual Assistant Platformで実行可能なボットを提供するオンラインマーケットプレイスも開設している。

 Kore.ai Virtual Assistant Platform 9.0の主な新機能および機能向上

  • Conversation Dialog Builder(対話駆動型ダイアログビルダー):対話駆動型ダイアログビルダーでは、対話を設計する業務担当者とIT部門等の開発者が、共同でダイアログを作成することが可能になるという。開発者が対話型のフローでユースケースを設計すると、プラットフォームが、それらをダイアログタスクにインテリジェントに自動変換。対話型フローとダイアログタスクは、常に同期しており、業務担当チームは継続して対話フローを改良することができ、エンジニアチームはその実装を行うことができる
  • Process Apps(プロセスアプリ):日常の業務プロセス(休暇申請、経費精算、入社時の手続きや処理など)において、人が介在するワークフローを含めた包括的なビジネスプロセスを対話型AIにより遂行可能に。また、セルフサービスポータルを使って、新たなリクエストを作成し、承認やリクエストのトラッキングも可能だとしている
  • ストア:開発プロセスをサポートするためのテンプレートが提供されており、ユーザーはストア内を探索し、自社のニーズに合ったテンプレートをインストールし、使用することができる
  • NLU(自然言語理解)およびNLP(自然言語処理)機能の向上:ボットのトレーニングを簡素化するため、機械学習(ML)エンジンと、同義語を管理するためのファンダメンタルミーニングエンジンを1ヵ所にまとめたという。統合したインターフェイスを使ってインテント(ユーザーが達成したいと思っている事柄)をトレーニングすることができ、発話やパターン、ルール間の切り替えが容易になるとしている。また、今回のリリースから、分類学ベースのナレッジグラフを構築できるようになったという

 上記の他にも、ボットのバージョンを視覚的に比較可能とする機能や、新たに5言語(カタロニア語、タミル語、ヒンディー語、マラーティー語、テルグ語)に対応し、26言語対応となったほか、新しい言語モデル(KAEN MLモデル)を追加。管理・セキュリティ面でも機能向上を図っているという。

 さらに、SmartAssist 2.0」では、主に以下の機能を追加・強化している。

  • 自動化:最大80%のコールとチャットを自動化し、ライブエージェントに連絡することなく、顧客満足度の向上と優れたカスタマーエクスペリエンスを実現。平均処理時間(AHT)が短縮され、企業全体の効率化が促進される
  • AgentAssist:エージェントが対話を管理するためのワンストップコンソール「Agent Desktopコンソール」を提供。過去の履歴/エスカレーション時の感情などもライブエージェントに連携するという。また、問い合わせに対する回答例をボットがライブエージェントに推奨するなどし、問い合わせ対応業務の支援する
  • 柔軟な導入・管理:企業のニーズに応じて、必要なモジュールだけを導入して既存のテレフォニーシステムを補完することも、包括的なスタンドアロンのコンタクトセンターソリューションとして導入することも可能

 なお、5月16日より「Kore.ai Virtual Assistant Platform 9.0」および「SmartAssist 2.0」は、国内向けに提供を開始している。

【関連記事】
Kore.ai、アドバンスト・メディアと連携 音声認識エンジン「AmiVoice」搭載
Kore.aiとIIJ-EG、サポート業務委託契約締結で国内ユーザー支援を強化
近畿大、学生ら36,000人が利用するSlackにギブリーのAIチャットボット「PEP」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15988 2022/05/16 19:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング