SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サプライチェーンのマルウェアリスク意識に大きな断絶 NTTビジネスソリューションズがレポート発表

 NTTビジネスソリューションズは5月18日、サプライチェーン攻撃に関する市場調査レポートを公開した。

 本レポートは、サプライチェーンにおける企業の立ち位置やサプライチェーン攻撃にあった際の影響範囲、のセキュリティ脅威への意識を調査、レポートとして公表することで、企業のセキュリティー対策を促すことが目的。

 同レポートによれば、「マルウェアに対する危機意識(役職別)」では、役職別でマルウェアに対する危機意識に大きな差異があることが判明している。

 ほかにも、「サイバー攻撃被害発生時のサプライチェーンへの影響認識(役職別)」では、自社がサプライチェーン攻撃の被害にあった際でさえ、3割以上の経営層・役員が「サプライチェーンに影響はない」と回答し、他の役職層と大きな隔たりがあることが分かっているという。

 調査内容としては、以下の通り。

  • サプライチェーン攻撃被害経験とマルウェアに対する危機意識
  • マルウェアに対する危機意識(役職別)
  • セキュリティーインシデントに対する課題感(役職別)
  • サイバー攻撃被害発生時のサプライチェーンへの影響認識(役職別/業種別/従業員規模別/販売先・売上先数別/本社所在地別)

【関連記事】
ServiceNowが製造業向けに提供する「サプライチェーンエンゲージメント」とは
SAPが掲げる「デジタルサプライチェーン」、高まるビジネスネットワークの価値
三菱総研、サプライチェーンのセキュリティリスクにコンサル支援を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16002 2022/05/18 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング