SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、スギ薬局の約1,500店舗で使用する基幹システムをAWS上に構築 従来比、40%以上高速化

 NECは、全国にあるスギ薬局約1,500店舗のマスタ管理、仕入れ、発注といったマーチャンダイジング業務を行う基幹システムをアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上に構築し、本格稼働を開始した。

 今回NECは、AWSを活用してスギ薬局の基幹システムをクラウド環境に構築。同システムは、既存システムに比べて約40%以上の高速化を実現し、大量のデータの迅速な処理が可能になったとしている。

 また、基幹システムのモダナイゼーションに併せて、Webサイトプログラミング言語のHTML5によるアプリケーション開発も行い、ユーザーの使用感も高めたという。本部や店舗にある約2,200台の業務用PC端末に加え、スマートフォンやタブレット端末といった約5,000台のスマートデバイスからもマーチャンダイジング業務を可能にした。在庫管理や発注、売上分析といった作業を場所の制約を受けずリアルタイムに確認・対処できるので、店舗運営の効率化につながるとしている。

店頭でのスマートデバイスを活用している様子 店頭でのスマートデバイスを活用している様子
店頭でのスマートデバイスを活用している様子

 今後もNECは、基幹システムのモダナイゼーションなど通じ、快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現「Smart Retail CX」に取り組むという。

【関連記事】
NEC、数十億円規模の投資でAIスーパーコンピューターを構築へ 23年稼働予定
NEC×しんきん情報サービス、2つのOCR活用した「為替BPOサービス」の稼働を来春には2倍に
NECら3社、SGHDグループの物流センターに協調搬送ロボット導入に向けた実証実験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16022 2022/05/23 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング