SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

物流現場の紙帳票をデジタル化 RPAホールディングスと鴻池運輸が共同出資企業で提供開始

 RPAホールディングスは、同社と鴻池運輸との共同出資企業であるシャインが、紙帳票をデータ化するサービス「デジパス」を2022年4月より提供開始したと発表した。

 現在、物流現場では、荷物の納品や出荷時の作業において、大量の紙帳票のやり取りが通例となっており、作業者の業務負荷軽減、生産性向上が喫緊の課題となっている。物流業界における現実的な課題として、AI OCRなどの画像認識技術によって紙帳票を読み取り、テキスト化していることが挙げられるという。

 そこで、AI OCRと人による確認・補正を組み合わせたワンストップサービス「デジパス」を活用することで、こうしたオペレーションとコストの問題を解決し、現場の業務負荷軽減と、生産性向上および余力の創出を目指す。

 「デジパス」は、顧客から送付される紙帳票のスキャンデータをAI OCRが読み取り、その認識結果をシャインのオペレーターが確認・補正し、データを確定後、返却するというもの。

 また、オペレーターによりチェックされたデータをAIが学習することで、AI OCRの認識精度が高まり、さらに精度の高いサービスを提供することができるという。今後「デジパス」を活用することで、大量の紙帳票を扱う業務負荷軽減および生産性向上の実現を目指すとしている。

【関連記事】
RPAに限界感じている今が勝機 日本へ本格参入したWorkato CEOが自信をみせる「レシピ」とは
NECソリューションイノベータが煩雑化するRPA運用を支援 UiPathに対応
プロセスマイニング ☓ RPAで業務プロセス最適化が可能に:ABBYYとBlue Prismの協業戦略

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16035 2022/05/24 16:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング