SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Red Hatとアクセンチュアが戦略パートナーシップを拡大 共同で新たなソリューション開発を進展へ

 Red Hatとアクセンチュアは、戦略的パートナーシップを拡大したと発表。

 両社は企業のハイブリッドクラウド移行をさらに支援するため、来年にかけて以下4つの領域を皮切りに、共同で新たなソリューションを開発するとしている。

  • オープン・ハイブリッドクラウドのアプリケーションとメインフレームのモダナイゼーション:Red Hat OpenShiftをベースに、ハイブリッドクラウドによる運用効率の向上やイノベーションを促進する包括的なクラウド戦略の策定を支援する
  • 自動化:アクセンチュアはRed Hat Enterprise LinuxとRed Hat Ansible Automation Platformを活用し、自動化されたクラウド・コンピューティング機能を安定して提供するためのソリューションを開発
  • エッジ・コンピューティング:ユーザーはRed Hat OpenShiftやRed Hat Ansible Automation Platformを導入することで、アプリケーションの実装や自動化をエッジ側で行い、物理的な設備への依存を軽減することが可能に
  • ソブリンクラウド(主権確保のためのクラウド):ユーザーのオープンソースのテクノロジーやサービスを活用して、クラウド上のデータ格納場所やアクセス、処理方法を管理できる取り組みを共同で進展

 なおRed Hatの委託により作成されたIDCのホワイトペーパーによると、Red Hat認定システムインテグレーターを通じてRed Hat OpenShiftを実装した場合、企業はアプリケーション移行プロジェクトのスピードが47%加速、3年間で523%の投資利益率を達成できるとしている。

【関連記事】
Red HatとGMが「SDV」促進のため協業へ 開発サイクルの改善などを目指す
レッドハットがRed Hat Enterprise Linux 9を発表
NTT東日本、映像AIサービスに「Red Hat OpenShift」を採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16052 2022/05/26 15:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング