EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

味の素、クラウド調達システム「SAP Ariba」導入で間接材調達購買業務を最適化

  2022/05/26 19:10

 SAPジャパンは、味の素が、間接材調達購買業務の最適化を実現するクラウドプラットフォームとして「SAP Ariba Buying and Invoicing」を2021年に稼働し、サプライヤーからの調達戦略の強化を目的に「SAP Strategic Sourcing Suite」を2022年4月に稼働したと発表した。なお、同プロジェクトは、アクセンチュアとSAPジャパンが導入を支援したという。

 味の素グループはアクセンチュアと協働し、コーポレート組織(人事、総務、広報、調達など)が持つオペレーション業務の集約とコスト削減を目的に、味の素デジタルビジネスパートナー(以下、ADP)を設立。また、統一されたグローバル調達モデルを構築し、SAPのクラウド調達システムであるSAP Aribaソリューションの採用を決定したという。

 味の素は、ADPによる同ソリューションの活用により、間接材調達購買業務の標準化に加えて、調達ガバナンス強化、支出の見える化を実現していくとしている。今後は、さらなるグローバル調達購買業務の最適化を目指し、味の素グループやサプライヤーへのSAP Aribaソリューションの展開を見据えているという。

【関連記事】
IBM、SAPとのパートナーシップを拡大 「S/4HANA」に移行で自社の変革進める
花王が「SAP Analytics Cloud」を採用 グローバル管理会計情報の処理時間を9割削減
「Google Workspace」と「SAP S/4HANA Cloud」のネイティブ統合が可能に

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5