SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三井物産×KDDI、人流分析のプラットフォームを提供する「GEOTRA」設立 社長に29歳の陣内氏

 三井物産とKDDIは6月9日、人の流れを中心とした情報をAI分析/可視化できるデータプラットフォームの提供を行う「株式会社GEOTRA」を設立した。同社長には、三井物産出身で29歳の陣内寛大氏が就任。

(左から)三井物産 代表取締役副社長 執行役員CDIOの米谷佳夫氏、GEOTRA 代表取締役社長 陣内寛大氏、同 代表取締役副社長 鈴木宙顕氏、KDDI 取締役執行役員 専務 森敬⼀氏

(左から)三井物産 代表取締役副社長 執行役員 CDIO 米谷佳夫氏、GEOTRA 代表取締役社長 陣内寛大氏、
同 代表取締役副社長 鈴木宙顕氏、KDDI 取締役執行役員 専務 森敬⼀氏

 三井物産とKDDIは2021年3月、AIやau位置情報を活用し、人々の移動手段・時間・目的などを把握・予測可能とするプラットフォーム・分析サービスを開発。上記サービスを、6月9日からGEOTRAが「GEOTRA地理空間分析プラットフォーム」として提供を開始する。

 既に同プラットフォームによるデータを活用し、三菱地所と共同で丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)のMaaSや街の利便性向上に関する施策検討など、エリアの魅力向上に関する取り組みを開始しているという。また、渋谷区では同プラットフォームを、区の現状を可視化・分析する「シティダッシュボード」に活用している。

 今後両社は、スマートシティ分野に加え、モビリティ、エネルギー、インフラ、エンターテインメント、ヘルスケアなどの領域におけるさらなる協業深化を目指すという。

GEOTRA概要

  • 正式名称:株式会社GEOTRA(ジオトラ)
  • 所在地:東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi Oneタワー6階
  • 代表取締役社長:陣内寛大
  • 事業内容:都市内人流およびその他情報を統合・可視化・分析するWEBシステム、およびコンサルテーションサービスの提供およびそれらに付随する事業
  • 資本金:10億円
  • 株主構成:三井物産株式会社51%、KDDI株式会社49%

【関連記事】
東芝グループ、ハイブリッドワークの環境整備 KDDIとシスコが「Cisco Umbrella」導入
KDDIとKaizen Platform、自治体向けにウェブサイト構築ソリューションを提供
KDDI、アパレル業界の余剰在庫削減のため「XRマネキン」を開発 Google Cloudと協力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16125 2022/06/10 11:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング