SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

カスペルスキー、自社製品のセキュリティ保証のためのトランスペアレンシーセンターを日本に開設

 Kaspersky(カスペルスキー)は、顧客やパートナーに同社製品やセキュリティ保証を提供するため、トランスペアレンシーセンターを新たに日本、シンガポール、米国の3ヵ所に開設したと発表した。

 今回の開設により、今後同社のトランスペアレンシーセンターは合計7ヵ所になるという。この施設では、顧客やパートナーが同社のエンジニアリングやデータ処理方法について理解を深め、ソフトウェアのソースコードについてレビューすることができるという。

 同社は、自社製品がどう機能し、どのようにエンジニアリングやデータ管理を実践しているのかを顧客企業やパートナーに伝えるための取り組みとして、2017年からGlobal Transparency Initiative(GTI、透明性への取り組み)を開始。必要な情報提供を行っているとのこと。

 今回のトランスペアレンシーセンターの展開も、そうしたGTIの一環だという。トランスペアレンシーセンターは、顧客やパートナーのための施設で、同社製品のソースコード、ソフトウェアアップデート、脅威検知ルールのほか、同社の企業活動を確認することができる。

 なおソースコードのレビューは同社の専門家によるガイドの下で行われ、参照目的でのみ提供するとのこと。さらにアクセスポリシーに則り、セキュリティ上の懸念がある場合にはソースコードレビューの依頼を拒否する場合もあるとしている。

【関連記事】
米国安全保障のセキュリティ脅威認定に異議 カスペルスキーが声明を発表
IPAがスマート工場のセキュリティリスク調査結果を発表 IoT機器や遠隔制御などの課題や対策を網羅
ウィズセキュアとSky、セキュリティ事業の協業拡大を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16179 2022/06/20 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング