SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ELYZAが、企業向け日本語AIサービスを発表 APIに加え、クラウドサービスでも提供へ

 東京大学発のAIスタートアップELYZA(イライザ)は、日本語AIサービス「大規模言語AI イライザ」を発表した。

 「大規模言語AI イライザ」は「まとめる、書く、読む、話す」を人間並に実現するAIを揃え、ホワイトカラー業務のDXを推進する日本語AIサービスだ。

 同社では、大規模言語AIの商用利用の相談が250件以上届いていたこともあり、企業向けサービスとして「まとめる、書く、読む、話す」を実現する日本語AIサービス「大規模言語AI イライザ」を発表したとのこと。

 従来の一社ごとの個別開発ではなく、クラウドサービスとしての提供も通し、より多くの企業と大規模言語AIの社会実装を進めていくとしている。

 クラウドサービスの第一弾として、文章要約クラウドサービス「ELYZA DocDIGEST」のリリースもあわせて発表。

 ウェブブラウザを通じたサービスの提供に加え、APIでも提供するという。なお搭載されている要約AIは、2021年8月にリリースした要約AIと比較し、主に以下の点でアップデートしたモデルを使用しているとのことだ。

  • 過剰な繰り返し表現を減らす処理などの改善
  • 要約の対象とする最大入力文字数が4.8倍(2,500文字から12,000文字)に増加
  • 要約を行う所要時間が8.3倍(9.81秒→1.18秒 )に高速化

【関連記事】
マイナビが言語AI開発ベンチャーELYZAと実証実験 文章の自動生成でサービス向上目指す
IBM、Watson向けにAIの自動化や自然言語処理に関する新機能を発表
SAPジャパン、AIと機械学習でCS機能を強化 自動翻訳サービスも9つの主要市場言語に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16210 2022/06/23 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング