SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

キヤノンITS、需給予測ソリューションの新バージョンを発表 コーザルデータとAI活用で予測精度を向上

 キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、需要予測・需給計画ソリューション「FOREMAST(フォーマスト)Ver.3.3」を2022年7月1日より販売開始すると発表した。

 「FOREMAST」は、キヤノンITSが強みとする数理技術や業務知識などのさまざまな知見に加え、AI活用技術などの研究成果を生かした需要予測・需給計画ソリューションだ。

 「在庫補充計画SIコア」、「需要予測SIコア」といった5つのSIコアから構成され、課題に合わせてSIコアとそれに付随する機能を選択し、組み合わせて導入することが可能となっている。

[画像クリックで拡大]

 新バージョンでは、コーザルデータとAI技術を用いて、実績や予測結果を補正することで需要予測精度を向上させる機能を新たに追加。あわせて、コーザルデータを外部の情報配信サービスから受信し、FOREMASTで活用できるデータに変換・蓄積するコーザル情報収集機能の提供も開始するという。

 主な新機能としては以下の通り。

  • コーザル予測機能:コーザルデータが予測に与える影響度合(補正率)をAIモデルで学習し、実績値や予測結果を補正する事で予測精度をより高めるための機能
  • コーザル情報収集機能:コーザル予測機能に必要なデータを外部の情報配信サービスから受信し、FOREMASTで活用できるデータに変換して蓄積する。なお気象情報の利用には別途、気象情報配信元との契約が必要
  • 供給調整機能:補充元・補充先の在庫レベル(在庫充足率など)を考慮して、補充量の増減や自動調整が可能になる

【関連記事】
年間売上高8億円目指す キヤノンITSが新セキュリティサービスを提供開始
キヤノンMJが大企業向けエンドポイントセキュリティの新ソリューションを発表
2021年度のサイバーセキュリティ動向 キヤノンマーケティングジャパンが発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16230 2022/06/29 14:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング