SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三井住友セグロス、コンテンツサービスプラットフォーム「OnBase」を採用 処理時間を50%短縮へ

 米ハイランドソフトウェアは、同社が提供するコンテンツサービスプラットフォーム「OnBase」が、三井住友海上のブラジル現地法人である三井住友セグロスに採用されたと発表した。

 コンテンツサービスプラットフォームは、企業が保有するドキュメントやコンテンツなどあらゆるデータを一つのパッケージに取り込み、運用・一元管理することができる技術およびプラットフォームサービス。

 OnBaseは、米国を中心に活用されている「コンテンツサービス(CS)」のためのソフトウェアだという。非構造化データを含む、組織内データをメタデータと共に、管理・運用することができるのがOnBaseの特長だとしている。

 三井住友セグロスは、同プラットフォーム導入により、以下の効果が得られたという。

  • 新規契約処理時間を50%短縮:保険証券発行までに要する日数を15日以上から8日に短縮
  • 新規契約件数を毎月50%増加:導入後9ヵ月以内で、スタッフを増員せず毎月およそ4,000件→6,000件以上へ保険証券の発行が可能に

【関連記事】
三井住友カード、データ活用プラットフォーム「Domo」を導入 メール開封率は導入前比140%
日立がAIによる設備点検プラットフォームを開発 一気通貫なシステムでコスト削減や運用改善を目指す
NTTなどが「Gaia-X」の知見などを基にした、データ流通プラットフォーム開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16254 2022/07/05 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング