SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2021年はサイバー攻撃が4割増 チェックポイントがレポートを発表

 チェック・ポイントの脅威インテリジェンス部門であるチェック・ポイント・リサーチ(以下、CPR)は、新型コロナの生物学的なパンデミックとサイバー空間でのパンデミックの二つの関連性と、次なるサイバー・パンデミックへの防御策について分析したレポートを公開した。

 本レポートによれば、企業ネットワークに対するサイバー攻撃は、前年と比べ世界全体で50%増加したという。

 また、昨年は悪意のあるサイバー攻撃により、生産性およびデータの喪失、組織イメージの悪化という形で世界全体で6兆ドルの損害をもたらしたという。同様に、新型コロナウイルスのパンデミックによって生じたコストは、ロックダウンからサプライチェーンの混乱を含め、世界経済に対して約数兆ドルと報告されている。

 また、新型コロナ禍によりリモートワークが多くのオフィス勤務者にとって当たり前の環境になり、マッキンゼーの調査によればコロナ前の水準と比較してリモートワーカーが4~5倍増加したという。

 それにより、数週間でサイバー攻撃の対象領域が劇的に広がり、セキュリティ境界が崩壊し、ネットワークやクラウド、デバイス、およびアクセス権に関するセキュリティ上の脆弱性が露出。2021年には世界全体でサイバー攻撃が40%増加しているとのことだ。

【関連記事】
PDFファイルでマルウェア感染 チェックポイントが世界脅威インデックスの最新版を公開
Apache Log4jの悪用は依然として続く チェックポイントが3月版世界脅威インデックスを発表
大企業の情シス、5人に1人が自社のセキュリティ対策に懸念 ロードマップが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16296 2022/07/11 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング