SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウィズセキュアがセキュリティリサーチ部門「WithIntel」の新設を発表 

 ウィズセキュアは、高度化するサイバー脅威に対抗するための新しいリサーチ部門、WithSecure Intelligence(略称:WithIntel)の設立を発表した。

 WithIntelでは、脅威リサーチと機械学習のアプローチを組み合わせ、ウィズセキュアのソリューションとサービスで使用する、インテリジェンスドリブンの保護機能改善および開発を推進していくという。

 本部門では、ウィズセキュアの持つ技術のすべてを活用し、同社のサービスおよびソリューションの開発および改善を行うほか、同社のAIプロジェクトである「Project Blackfin」が生む、エンドポイントインテリジェンスの技術を活用するとのこと。WithIntelの主なリサーチ分野は以下の通り。

  • エンドポイント脅威の検知
  • クラウドおよびWebセキュリティ
  • 検知と対応
  • データドリブンな脅威に関する考察
  • APT(持続的に行われる高度な攻撃)の追跡と理解
  • 機械学習システムに対する攻撃とその防御方法

 同部門を担当するバイスプレジデントのパオロ・パルンボ氏によれば、機械学習やマルウェア解析、脅威インテリジェンスなどの専門知識を融合したWithIntelの技術が、企業や団体が直面する新たな脅威を特定し、それらの脅威に対する保護・検知能力を重点的に高めていくとしている。

【関連記事】
ウィズセキュアとSky、セキュリティ事業の協業拡大を発表
F-SecureがBtoB/BtoCで分社化。日本法人は「WithSecure」(ウィズセキュア)に社名変更。
エフセキュアが8万人を対象にフィッシングメール演習を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16317 2022/07/14 20:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング