SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立とイーヒルズ、換気度合いなど施設の衛生管理状況を見える化する「T*Plats」を提供開始

 日立製作所(以下、日立)とイーヒルズは、施設の衛生管理状況を見える化するサービス「T*Plats」を共同開発し、日立の新サービスとして8月3日より提供開始する。

 T*Platsは、イーヒルズが提供するIoTセンサーを、店や施設に設置するだけで、大気中の二酸化炭素濃度や温湿度などを測定し、データに基づいた衛生管理を可能にするサービスだ。店や施設の管理者は、従来目視では判断できなかった衛生管理の徹底が可能になるという。また、T*Platsの公式ホームページ上で、衛生管理状況をエンドユーザーに対して発信・公開することで、安全安心で選ばれる店舗・施設づくりにも寄与するなど、感染対策をサポートするとしている。

 サービスの特徴は以下のとおり。

高性能な小型設計「環境測定用IoTセンサー」を搭載し、店舗の感染対策状況を測定

 イーヒルズが提供する「環境測定用IoTセンサー」は、3密などの感染対策状況を測定するために開発された、LoRa方式ネットワーク対応のIoTセンサーである。換気度合いを示す二酸化炭素濃度に加え、騒音度合いや温湿度、独自のアルゴリズムにより混雑度を測定できるという。特に、換気度合いなど目視だけでは判断できない要素は、データ分析により、リアルタイムでの把握が可能に。2021年に実施した実証実験では、冬場の暖房を最大50%削減できることを確認したという。小型設計により設置も容易であるほか、高品質な内蔵バッテリー搭載で長時間の稼働を実現するとしている。

IoTセンサーを用いた衛生管理の実施

 IoTセンサーから得た測定データをリアルタイムで分析し、店や施設などT*Plats加入者に対して衛生管理状況の結果を提供。あらかじめ設定した基準値に反応し、SNSやメールで衛生管理状況を施設管理者に知らせるとのこと。また、蓄積したデータを分析し、月次レポートを発行するため、レポートをもとに衛生管理の改善に役立てられるという。

衛生管理状況の見える化によるエンドユーザーへの情報開示

 店や施設の衛生管理状況は、エンドユーザー向けのT*Plats公式ホームページにてリアルタイムに公開可能。そのため、店や施設側は衛生管理情報を提供できるだけでなく、信頼性の高い施設として訴求でき、集客効果も期待できるという。エンドユーザーにとっては、店舗の衛生管理状況をリアルタイムで確認できるため、信頼性の高い施設を選ぶことができるとしている。

「T*Plats」上で見える化するデータ例(公式ホームページ上で公開される画面イメージ)<br/>[画像クリックで拡大表示]
「T*Plats」上で見える化するデータ例(公式ホームページ上で公開される画面イメージ)
[画像クリックで拡大表示]

 両社は今後、飲食チェーンや不動産デベロッパー、自治体、教育機関など、様々な業種に展開し、商業施設やオフィス、公共施設など、幅広い施設でのT*Platsの導入・普及を目指すとのこと。また、デジタルサイネージと連携し、店頭でも衛生管理状況をリアルタイムで見ることができる機能の提供や、他のデータと組み合わせた新たな活用方法の提案を行うという。

【関連記事】
日立製作所、帝人と新素材の研究開発のためのDX推進に向けた協創を開始
日立製作所、日本版コネクト&マネージを実現する制御システムの開発に参画
日立製作所と日本マイクロソフト、東南アジアなどにおける次世代ソリューション事業で提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16420 2022/08/03 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング