SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、第1四半期決算を発表 事業拡大や為替影響により最終利益は約28%増に

 NTTデータが2023年3月期の第1四半期決算(4~6月)を発表した。売上高は前期比14.6%増の6,774億円、営業利益は同21.7%増の575億円、連結最終利益は同27.9%増の397億円となった。同社によれば国内外事業の規模拡大と、為替影響により好調な決算につながったという。

 受注高については、公共・社会基盤や金融に関しては前期に獲得した大型案件の反動などにより減少したものの、北米など海外向けの案件獲得や為替影響などで、全体としては増加となった。

 売上高についても全部門で増加したほか、法人・ソリューション部門において製造業や流通・サービス業、ペイメントサービスなどの規模拡大により、増収となっている。

 海外事業の統合状況については、今年10月にNTTデータとNTT, Inc.(NTT株式会社)、NTT Ltd.のビジネスユーザー向け海外事業を統合した海外事業会社を設立する予定だ。2023年7月にはNTTデータを持ち株会社と国内事業会社に分割し、グローバルな経営体制を強化するという。

 NTTデータは、海外事業統合のシナジー効果として、FY2025において約300億円のシナジー効果創出を掲げている。

【関連記事】
NTTデータ、ゼンリン住宅地図データをSalesforce上で利用可能なサービスを提供開始
東急・東急電鉄、経理業務に「ServiceNow」を導入 NTTデータが導入支援
NTTデータが2022年3月期の決算発表 収益改善で過去最高を更新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16442 2022/08/05 18:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング