SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本HP、グローバル調査レポートの最新版を公開 マルウェアの多くが10ドル未満で販売か

 日本HPは8月16日、グローバル調査レポートの最新版「HP Wolf Security: The Evolution of Cybercrime: Why the Dark Web is Supercharging the Threat Landscape and How to Fight Back~サイバー犯罪の進化:ダークウェブが脅威の現状を急激に悪化させている理由とその対策」の日本語版を公開した。

 この調査では、プラグ&プレイのマルウェアキットによってこれまで以上に攻撃が容易になり、サイバー犯罪に拍車がかかっていることが明らかになったという。HP Wolf Securityの脅威チームは、フォレンジック調査の専門家グループ「Forensic Pathways」と連携し、ダークウェブについて3ヵ月にわたって調査を実施。サイバー犯罪者がどのように活動し、信頼を得て、評判を確立しているのかを把握するために、サイバー犯罪者向けのマーケットプレイスとフォーラムへの3500万件以上の投稿をスクレイピングして分析したとしている。

 主な調査結果は以下の通り。

  • マルウェアは安価で容易に入手可能:広告されている4分の3以上(76%)のマルウェアと、91%のエクスプロイト(ソフトウェアのバグを利用して攻撃者によるシステムの制御を可能にするコード)が、10ドル未満で販売されているという。また、リモートデスクトッププロトコルの認証情報の平均価格はわずか5ドル
  • サイバー窃盗犯にも「名誉」があるという皮肉:正規のオンライン販売と同じように、サイバー犯罪者の取引でも皮肉なことに信頼と評判が欠かせないという。分析対象となったサイバー犯罪者向けのマーケットプレイスの77%ではベンダーボンド(販売ライセンス)が要求されており、最大で3,000ドルかかる場合もある。また、85%がエスクロー決済を、92%が第三者機関によるトラブル解決サービスを提供。すべてのマーケットプレイスでベンダーフィードバックスコアを提供しているという
  • サイバー犯罪者は普及しているソフトウェアから足がかりを確保:サイバー犯罪者は、普及しているソフトウェアの既知のバグや脆弱性を狙い、足がかりを得てシステムを制御するためにソフトウェアの隙を探すことに注力している。例として、Windows OS、Microsoft Office、Webコンテンツ管理システム、Webサーバーおよびメールサーバーなどが挙げられるという

【関連記事】
IT部門の90%以上でセキュリティ対策の妥協が重圧に――日本HP調査
日本HP、PCを多層的に防御するセキュリティソリューションに新機能を追加
日本HP、ビッグデータの活用を加速するSQLデータベース「HP Vertica」の新バージョンを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16456 2022/08/16 16:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング