SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

チェックポイント、22年7月の世界脅威インデックスを発表 Emotetの影響は前月比半減

 チェック・ポイントの脅威インテリジェンス部門であるチェック・ポイント・リサーチ(以下、CPR)は、2022年7月の最新版Global Threat Index(世界脅威インデックス)を発表した。

 今回のレポートによれば、Emotetの世界的な影響力は前月と比較して50%減少しているものの、依然として最も広く使用されているマルウェアとなっているという。

 6月にピークを迎えたEmotetだが、7月にはその影響力は減少に通常の数値に戻ったという。しかしEmotetに対する新たな機能の追加や改良は常に見られ、クレジットカード情報を盗む最新のモジュール開発や拡散システムへの適応が確認されている。

 日本国内の上位マルウェアでは、前月に続きEmotetが1位となった。5月時点では20.98%の日本企業に影響を与えたが、6月はおよそ6分の1へ減少し3.36%、7月には2.07%へと落ち着いている。

 なお世界で最も攻撃されている業種・業界は前月に引き続き「教育・研究」となり、2位は「政府・軍関係」、3位は「インターネットサービスプロバイダー/マネージドサービスプロバイダー(ISP・MSP)」となっている。

【関連記事】
日本へのEmotetによる攻撃は世界平均の7倍 Vadeによる調査結果
ノートン、Emotetによる感染対策を注意喚起 久々の挨拶にファイルの添付は要警戒
Emotetの使用添付ファイルは2種類か デジタルアーツがセキュリティレポートを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16504 2022/08/23 20:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング