SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュアとクボタ、合弁会社「株式会社クボタデータグラウンド」設立 環境分野の課題解決を支援

 アクセンチュアとクボタは、クボタグループの事業モデルや事業運営基盤のデジタル変革を加速する合弁会社「株式会社クボタデータグラウンド」を設立し、9月1日から事業開始すると発表した。

 クボタデータグラウンドは、クボタグループのDXを推進する子会社として、同社グループの食料・水・環境分野における地球規模の社会課題の解決をデジタルの力で支援。先端のデジタル技術とデータを活用し、食料・水・環境分野並びに気候変動の緩和と適応に向けた新たなソリューションの創出を目指すという。また、デジタルによる既存事業の強化と高度化に向け、デジタル人材の育成並びに社内外サービス・データをつなぐデジタルプラットフォームの整備を手掛けるとしている。

 クボタデータグラウンドが取り組む主な活動は以下のとおり。

サステナビリティソリューションの創出

 食料・水・環境分野における「データの収集・分析・活用」を進め、各分野のビジネスプロセスを効率的なものへと変革し、サステナブルなソリューションの構築を進めるという。食料分野においてはIoT・AI・クラウド技術により、作物や農地のデータを活用して農業全体の生産性を向上。生産から流通にいたるまでのフードバリューチェーン全体を見据え、食料にまつわる諸課題の解決のほか、新たな付加価値の創出を目指すとしている。

 水分野においては、都市インフラの災害に対するレジリエンス向上や水インフラの延命につながるソリューション創出に取り組むとのこと。環境分野においては、廃棄物を回収・選別し、電力や肥料、有価金属の再生産へと循環させる資源回収ソリューションを構築するという。

ビジネストランスフォーメーションの推進

 デジタル技術を活用してクボタの既存サービスの強化、品質向上、安全に働く環境づくりなど、事業の効率化および高度化を推進。この取り組みの一環として、工場内の作業機器や車両に取り付けたRFIDタグやセンサーから収集されるデータ、作業員に配布されるモバイルアプリを活用し、作業効率の最適化や事故を未然に防ぐ仕組みを取り入れたスマートファクトリー化を進める。

 また、製品の設計・開発、製造にいたるプロセスをデジタル上で再現する「デジタルツイン」を構築することで、データに基づく意思決定の迅速化、業務の自動化・省力化や標準プロセスの整備を加速させ、インテリジェントオペレーションへの変革を目指すとしている。

デジタル人材の創出

 2024年12月末までに1,000名程度の業務のデジタル変革を推進する業務系DX人材と、高い専門性をもつ技術系DX人材の育成を目指すという。また、経営幹部を対象にしたデジタルワークショップや全社員向けの教育プログラムなどを通じて、クボタ全体でのデジタル人材創出を目指すとのこと。業務系DX人材に対しては、様々な社内外のDX事例を学ぶワークショップや実業務の課題解決につなげる実践的なカリキュラムを想定するという。

クラウドベースのDXプラットフォームの構築

 センサーから収集した収穫・生育情報や外部の気象情報といったクボタ内外の様々なデータやノウハウの蓄積・共有を可能にするクラウドベースのDXプラットフォームを「Microsoft Azure」上に構築。グローバル66拠点におけるITガバナンス強化のほか、グローバル全体でセキュリティリスクを検知する体制の整備、海外セキュリティ担当者に対するトレーニングの実施などによって、グローバルなセキュリティの高度化を実現するとしている。

【関連記事】
アクセンチュア、企業のESG経営を支援するAIソリューションを提供開始 KDDIが導入を決定
「メタバースは次のフロンティア」アクセンチュアがVR会見で最新調査レポートを発表
AIを競争優位性につなげられている企業は12%に留まる──アクセンチュア調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16549 2022/08/31 17:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング