SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アドビ、MicrosoftやGoogleをわたり歩いた及川卓也氏の顧問就任を発表

 アドビは、9月1日付けでTably代表の及川卓也氏が同社エグゼクティブフェロー(顧問)に就任したことを発表した。

 及川氏はMicrosoftにおいてWindowsの開発統括、GoogleではChromeやChromeOSなどの開発に従事するなど、プロダクト開発者の第一人者として活躍している。

 アドビでは「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」「Adobe Experience Cloud」の3つのクラウドソリューションを通して、及川氏とともにその取り組みをさらに推し進めていくという。

 今回の発表によれば、及川氏に対して以下を中心とする役割が期待されているという。

  • アドビ製品および最新テクノロジーを日本市場向けに展開する際の企画、開発、営業、運用や組織の強化、社員育成の支援
  • 顧客企業、および、パートナー企業との交渉支援
  • イベント、セミナーでの登壇、エグゼクティブラウンドテーブルへの参加によるマーケティング支援

 なお及川氏は、今回のエグゼクティブフェロー就任にあたり、次のように述べている。

「1980年代後半、UNIXや独自OSを搭載したワークステーションからレーザープリンターへPostScriptで印刷をし、ウィンドウシステムも珍しかった時代に、画面で見るよりも綺麗に印刷ができることに強く感銘を受けました。それが、私とアドビとの出会いでした。その後も私のキャリアの中では、時には重要なパートナーとして、また時には手強いライバルとしていつもアドビがいました。日本に今一度活力を与え、より良い社会にするために、テクノロジーの活用は不可欠です。アドビとともに、日本のIT力を引き上げ、日本および世界をより良いものにしていければと思います」

【関連記事】
保護者の約半数、25年以降の国立大受験に「情報」科目必須と認知せず アドビが調査結果を発表
日本におけるデジタル課題、アドビが経済・デジタルトラスト・人材の3方針で支援を表明
アドビ好決算もウクライナ情勢が影を落とす 第1四半期決算を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16638 2022/09/15 21:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング