SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デロイト トーマツ サイバー、IoT製品の危殆化や脆弱性など自動監視するサービスを提供開始

 デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ サイバーは、スマート家電を含むIoT製品の製品ライフサイクルに渡ってセキュリティ対策の危殆化や脆弱性の監視を自動化し、対策を支援するサービスを開発した。

サービス概要
[画像クリックで拡大表示]

 同サービスは、IoT製品の企画・設計段階でのセキュリティ機能の組み込み(Security by Design)に加え、製品ライフサイクル全体にわたるセキュリティを確保するもの。具体的には、次のようなサービスを提供することを通じて、企業のセキュリティレベル向上やインシデント発生時の対応を行う組織であるPSIRT(Product Security Incident Response Team)を支援するという。

  • 危殆化・脆弱性の監視:クライアント企業のIoT製品の企画・開発段階でソフトウェアならびにハードウェアの部品表(セキュアBOM)を登録。危殆化情報やインターネットなどで日々アップデートされる脆弱性情報に該当があると自動的に検知し、アラートを通知する
  • プロセス監査:製造・運用・保守において、セキュリティ対策がガイドライン通りに実施されることを定期的に確認した結果を記録に残し、ダッシュボードで実施状況やガイドラインの実行確認結果を可視化する

【関連記事】
デロイトトーマツとAnaplanジャパン、「計画業務」のDXスキルの無償支援プログラムを提供開始
デロイト トーマツとトレードワルツ、協業範囲を拡大 貿易業務の完全電子化に向けて相互協力も
ローコードプラットフォーム導入で、デロイト トーマツとOutSystemsジャパンが協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16645 2022/09/16 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング