SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

教育機関のランサムウェア被害が増加 ソフォスの業界別の調査レポートで明らかに

 ソフォスは、業界別の調査レポート「教育機関におけるランサムウェアの現状2022年版」を公開した。

 調査結果では、高等教育機関および中等教育機関を含む教育機関においてランサムウェアの被害を受けるケースが増えていることがわかったという。2020年には44%であった割合が2021年には60%に増加。他の業界(平均値は65%)に比べて、教育機関ではデータが暗号化される割合が最も高く(73%)、復旧に最も時間がかかっている。教育機関の7%が復旧するまでに3ヵ月以上を要しており、他の業界のほぼ2倍の時間を要しているという(4%)。

 また、教育機関は他の業界と比較して、ランサムウェア攻撃による業務および商業上の影響を受ける傾向が高いことも明らかになった。高等教育機関の回答者の97%および初等教育機関の回答者の94%が、攻撃によって業務遂行能力が影響を受けたと回答。さらに、民間の高等教育機関の96%および初等教育機関の92%が業務への影響と収益の損失を報告している。

 なお、「教育機関におけるランサムウェアの現状2022年版」の調査は、世界31ヵ国の中堅規模(従業員数100~5,000人)の教育機関のITプロフェッショナル5,600人(初等教育機関の回答者320人と高等教育機関の回答者410人を含む)を対象に実施された。

【関連記事】
バックアップを取った組織でも半数近くが身代金支払い ソフォスがランサムウェアの年次報告書を発表
ソフォス、日本語版「Sophos MTR」を提供へ 東京データセンターを活用
新たなランサムウェア「Memento」を発見――ソフォス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16666 2022/09/22 15:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング