SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバーディフェンス研究所、NECと共同でICPO主催のサイバー犯罪捜査演習への参加を発表

 サイバーディフェンス研究所はNECと共同で、INTERPOL Cybercrime Directorateが開催した、INTERPOL Digital Security Challenge(以下、DSC)に協力したと発表した。

 第5回目となる今年のDSCは、オンラインと集合型のハイブリッド方式での開催となり、世界35カ国から48人のサイバー犯罪捜査の専門家およびデジタルフォレンジックの専門家が参加したとのこと。

 今回のDSCは、現実に活動中のランサムグループを中心とした違法サイト、犯罪グループに対する捜査手法を題材に、各種犯罪インフラの分析、ランサムウェアの解析、ダークウェブ上で匿名化されている違法サイトとその運営者、協力者の追跡手法に関する講義と演習を行ったという。

 演習の結果、8件のランサムグループサイト、17件の違法サイトの特定に成功し、その情報は、インターポールのインテリジェンスユニットに共有され、その後、加盟国で現実の犯罪捜査に活かされる予定だとしている。

 サイバーディフェンス研究所は、今後もサイバー犯罪に対処するため世界各国の法執行機関や民間企業と協力していくとしている。

【関連記事】
北朝鮮組織によるサイバー攻撃に警戒を 警察庁やNISC、金融庁が暗号資産関係者へ注意喚起
トレンドマイクロ、22年上半期サイバーセキュリティレポート公開 サプライチェーンリスクが国内で顕著に
ロシアからの「SQLインジェクション攻撃」を観測──サイバーセキュリティクラウド調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16846 2022/10/24 20:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング