SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Asana、日本国内にデータセンターを開設 法人向けの新機能も拡充へ

 Asana Japanは11月1日、法人向けの新機能および、日本でのデータセンター開設を発表した。

日本データセンターの構成
日本データセンターの構成

 法人向けの新機能は「チームの優先事項とビジネスの成果を結びつけるエンタープライズレベルの目標管理機能」「ワークフロー機能とSalesforceなどとの連携機能」「セキュリティ機能」など。データセンターは東京と大阪に設置し、企業の顧客データ保護、コンプライアンス基準に対応しているという。

法人向けの新機能

1)エンタープライズレベルの目標管理機能「Asanaゴール」のアップデート

 今回の機能アップデートで、「Asana Work Graph」上に存在する仕事の情報について、目標管理機能「Asanaゴール」を用いてレポートとダッシュボードが使用できるようになっている。また、Asanaで管理されている目標をSalesforceなどのツール、そのツールで管理されている業務と連携させることも可能になり、目標の進捗状況がSalesforceにより自動的に更新されるという。さらに、データの活用によるプランニングのサポートも実施。新たに追加された時間追跡機能により、プロジェクトやタスクにかかる時間の予測を元に、リソースの割り当てやワークロードの設定を行うなど、より効率よくスケジュールを管理できる。

2)Asana フロー機能強化 ルール機能と外部ツールとの連携強化

 ワークフローのさまざまな段階での外部ツールとの連携機能が強化されており、たとえば、新しいTwilioとAsanaルールの連携を使えば、各メンバーにSMSで緊急タスクが通知され、チームが即座に技術的インシデントを把握できるという。また、PagerDutyとの連携でも、インシデントを作成すると自動でチームに通知され、すばやく対応可能だとしている。さらに、メタが提供するWorkplaceと連携するAsana for Workplace from Metaを使うと、Workplaceでの会話を実行可能なタスクに変換し、ツールを切り替えることなくチームのプロジェクトを管理し、仕事を調整できるという。

3)セキュリティ機能強化

 新しいセキュリティ機能では、Asanaへ取り込む情報を監査し、脆弱性を警告し、規制の厳しい業界におけるコンプライアンスを維持するためのツールが提供されるとしている。Nightfallとのデータ漏洩防止(DLP)連携機能によって、社会保障番号やクレジットカード番号など、Asana内の機密情報をスキャン可能に。また、Hanzoとのeディスカバリー連携機能により、Asanaのプロジェクトやタスク、メッセージから法的に正当な記録を作成、緊急のインシデントや訴訟にまつわる調査に対応できるという。さらに、モバイル版アプリの管理者コントロールも強化され、データの安全を確保し、生体認証も可能になるとしている。加えて、業界基準を満たす信頼できるコンプライアンス管理のために、Theta Lakeと新たにパートナーシップを組み、コンプライアンスレビューとアーカイブのソリューションを提供。HIPAA準拠版のAsanaも利用可能だという。

国内データセンターの概要

 これまでAsanaは、日本の顧客に対して主にAWS米国東部リージョンからサービスを提供していたが、日本ユーザーの顧客情報管理とコンプライアンス遵守をサポートするため東京と大阪にデータセンターを開設。日本ユーザーへサービスを提供する。クロスリージョンでのバックアップを継続取得しており、広域災害などでAWS東京リージョンでのサービス提供が困難になった場合には、AWS大阪リージョンでサービスを継続提供するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16889 2022/11/01 15:47

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング