SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ガートナー、未来の働き方を見据えた「ワークプレース・イノベーションのハイプ・サイクル」を発表

 ガートナージャパン(以下、ガートナー)は、「日本におけるデジタル・ワークプレース・イノベーションのハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

 今回の発表では、未来の働き方を見据えた、職場環境にイノベーションを起こす30の革新的なテクノロジやトレンドを取り上げている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 ガートナーによればデジタル・ワークプレースとは、「いつでもどこでも柔軟に働くことができ、テクノロジで仕事の質や生産性、俊敏性を高めるデジタルな仕事空間」を指すという。デジタル・ワークプレースは、単なる仕事環境のデジタル化とは異なり、人や組織の在り方も含めた企業の成長戦略の一環として実現されるという。

 今回発表されたハイプ・サイクルでは、働き方を広く捉え、以下のようなテクノロジーやトレンドを取り上げている。

  • ワークプレース・インフラストラクチャの近代化:デジタル・アドプション・ソリューション、ワークプレース・アナリティクス、DEM(デジタル・エクスペリエンス監視)、スマート・エフェクト、音声認識議事録作成支援システムなど
  • 人や組織の在り方:従業員の声ソリューション、社内人材マーケットプレースなど
  • 新たな働き方を支えるもの:ロボティック・プロセス・オートメーション、ビジュアル・コラボレーション・ツール、スマート・ワークスペース、仮想オフィス、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、スピーチ・アナリティクス(日本語)など
  • エマージングなもの、デジタル・トランスフォーメーションの実現:メタバース、ライブ顔認識、五感センサ、没入型ワークスペースなど

 企業でワークプレースのデジタル化を推進するITリーダーは、このハイプ・サイクルを通じて、デジタル・ワークプレースのイノベーションに関連した各テクノロジやトレンドの成熟状況を確認し、未来の働き方の実現に向けて注目しておくべきものを検討する必要があるとのこと。

 同社のアナリスト兼シニアプリンシパルの針生恵理氏は今回の発表に当たり、次のように述べている。

 「日々変化するワークプレース環境において、企業はデジタル・テクノロジを戦略に組み込み、短期、中期、長期の視点で進化させることが重要です。2022年現在、デジタル・ワークプレースの領域では、従来のテクノロジが成熟する一方で、デジタル・トランスフォーメーションを推進する重要なテクノロジやトレンドに過度な期待が寄せられています。また、新たなハイブリッド・ワーク環境では『オフィス中心型のデザイン』から『人/人間中心型のデザイン』へと働き方を再設計することが求められています。企業は、今後のデジタル・ワークプレース戦略の中で、柔軟なワークスタイルを実現し、従業員のエクスペリエンスを向上させるソリューションに焦点を当て、ロードマップを作成する必要があります」

【関連記事】
ガートナージャパン、取引先ITベンダーに内在するリスクへの対策状況を調査
ガートナー、データ分析ガバナンスの取り組みに不可欠な7要素を発表
ガートナー、2023年以降のサイバーセキュリティに関する8つの仮説を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16926 2022/11/09 16:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング